【バレンタイン】手作りチョコと製品チョコはどっちがいい? そもそもほんとにチョコほしい? バレンタインデー意識調査でみえる男女のホンネとは

写真拡大

ついこの間年が明けたと思っていたら、もう2月。バレンタインデーがすぐそこまで迫っていますが、今年のチョコをどうするか、もう決めていますか?

本命チョコにはどれほどお金をかけるのが妥当なのか。手作りがいいのか、それとも既製品がいいのか。そもそもチョコレートではないほうがいいのか……。

いろいろと悩んでしまいますが、今回紹介するバレンタインデーについての調査も参考にしてみてもいいかもしれません。

【バレンタインデーについての男女のホンネ】

ポイントサービス「itsmo」の運営企業ウィナスが、20代から50代の男女合計100名にウェブアンケートで聞いた意識調査。結果には、男女の本音が炸裂していました!

【あげる相手を好きかどうかでどれくらい予算が変わる?】

まずはあげる側、女性の考えから。本命チョコと義理チョコにはもちろん、差をつけますよね。それがどれくらいかというと、この調査では「約6倍」という結果が出ています。

ま、この点に関して異論のある女性はいないのでは。むしろその程度でよかったんじゃ、とさえ思います。

【年齢が上がるほど販売品を支持する傾向に】

いっぽう興味深いのは、「手作りチョコと販売品チョコ、どちらがいいのか」問題に関する調査結果です。

「販売品がいい」と答えていた人のうち、20代以下は50%と、意見はまっぷたつ。しかし30代では62%、40代以上では71%といった具合に、年齢を重ねるごとにどんどん販売品の支持者が増えていくっ。手作り、おじさまたちは意外とイヤなのね! その心の内は……こちらです!

・手作りチョコは衛生面が気になります。(30代)
・有名なメゾン、パティシエのチョコのほうが食べたいから。(40代)
・ホワイトデーが手間になる。(30代)
・プラスチックの溶けたものが混入していたことがあったから。(20代)

【衛生面や安全面、気になりますよね…】

「ホワイトデーが手間になる」という意見は正直、手作りでも販売品でもさして変わらないと思うのですが、その他の意見はわからなくもない。特に「衛生面が気になる」というのは、あげる側の私もかねがね思っていたことです。

長いつきあいのパートナーならわかるけど、まだよく知らない相手からの手作りチョコを食べるにはちょっと勇気がいるかも。10代の頃はそんなこと全然気にしていなかったけれど、大人になればなるほど、いろいろ勘ぐってしまいますよね……。

【「チョコよりお酒のほうが嬉しい」という声も】

そして、「チョコよりほしいものがある」かどうかについての調査では、「ある」と答えた人が37%と、実に3人に1人以上! チョコじゃないほうがいいのか……そうなのか……。

「甘いモノが得意ではないからお酒のほうが嬉しい」「(自分が好意を持っている人からもらうなら)ずっと手元に残るものがいい」といった意見がありました。

相手の好みがわからない場合は、いっそのこと直接なにがほしいか聞いてしまったほうが、間違いないのかもしれませんねぇ。

ちなみに先日、「どんなチョコが好き?」と男性に聞いた記事も公開しています。こちらもぜひ、ご参考に〜!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る