コン・ユ&キム・ゴウン&イ・ドンウクら「鬼」主演俳優5人全員が褒賞休暇に不参加…忙しいスケジュールのため

写真拡大

tvNドラマ「鬼」の主演俳優たちが忙しいスケジュールのため褒賞休暇を返上した。

本日(2日)、関係者によるとコン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナは6日に予定されていた「鬼」の褒賞休暇に参加できなくなったという。

これに先立って、「鬼」側は俳優たちと制作陣がプーケットに褒賞休暇に行くと明らかにしていた。特に、主演俳優のコン・ユ、キム・ゴウン、イ・ドンウク、ユ・インナもスケジュールを調整して参加すると伝えていた。

しかし、褒賞休暇のスケジュールが旧正月の連休明けに決まり、4人共にスケジュール調整が難しくなったというのが関係者の説明だ。

「鬼」の歴代級の人気により、4人の俳優にCMをはじめとする様々なラブコールが殺到し、こなさなければならないスケジュールがあまりにも多くなったのだ。結局、彼らは調整の結果、今回の褒賞休暇には参加しないという結論を出し、このような決定に誰よりも残念な気持ちを表したという。

これに先立ち、SBS「ジャングルの法則」撮影などの放送スケジュールとグループ活動のため褒賞休暇に参加できないと明らかにしたBTOBのソンジェまで、主演俳優全員が褒賞休暇に参加できなくなった。

数十本に及ぶCMのオファーはもちろん、海外ファンミーティングに対するラブコールで幸せな悲鳴を上げているコン・ユは、3月までCM撮影を行う予定だ。ファンミーティングを準備しているイ・ドンウクをはじめ、キム・ゴウン、ユ・インナも殺到するCM撮影スケジュールをこなしながら、これまで以上に熱い冬を過ごしている。

ドラマ「鬼」側、2月に褒賞休暇でプーケットへ…コン・ユの参加が決定&イ・ドンウクは調整中