昨季限りで現役引退の矢島卓郎氏、スクール・普及コーチとして川崎Fに復帰

写真拡大

▽川崎フロンターレは2日、クラブOBの矢島卓郎氏(32)が今シーズンからスクール・普及コーチに就任することを発表した。

▽滋賀県出身の矢島氏は、これまで清水エスパルス、川崎F、横浜F・マリノス、京都サンガF.C.でプレー。2016年から京都に加わり、同シーズン終了後に現役を引退した。

▽特別指定選手時代を含めて7年間在籍した川崎Fにスクール・普及コーチとして復帰することになった矢島氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「今年からフロンターレで指導者生活をスタートすることになりました。また帰ってくることができ、とても嬉しいです。選手とは違う立場で、フロンターレを強く出来るよう、自分を育ててくれたサッカーに恩返しができるよう、一生懸命努力していきたいと思います。あらためてこれからもよろしくお願いします」