川崎Fのスクール・普及コーチに就任が決まった矢島氏

写真拡大

 川崎フロンターレは2日、昨季まで京都サンガF.C.に所属し現役を引退した矢島卓郎氏がスクール・普及コーチに就任することが決まったと発表した。

 クラブを通じて矢島氏は「今年からフロンターレで指導者生活をスタートすることになりました。また帰ってくることができ、とても嬉しいです。選手とは違う立場で、フロンターレを強く出来るよう、自分を育ててくれたサッカーに恩返しができるよう、一生懸命努力していきたいと思います。あらためてこれからもよろしくお願いします」と挨拶。

 現役最後の所属先となった京都を通じては「一年間という短い間でしたが、ありがとうございました。今年から川崎フロンターレで指導者として新たな道を歩むことになりました。これからもずっと京都サンガのことは応援しています。まずは今シーズン、J2優勝・J1昇格が達成できるように遠くから願っています。本当にありがとうございました」とコメントを寄せた。

プロフィールは以下のとおり

●矢島卓郎

(やじま・たくろう)

■生年月日

1984年3月28日

■出身地

滋賀県滋賀郡

■所属チーム

ラーゴFC(滋賀県)─志賀中─膳所高─ 早稲田大─清水―川崎F-横浜FM-京都

※2004年・2005年 川崎F JFA・Jリーグ特別指定選手

■取得資格

2015年日本サッカー協会公認 C級ライセンス