写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●OSSを積極的に取り込むWindows 10
2017年2月1日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15025を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。「ナレーター」による点字のサポートや「フィードバックHub」「Night Light」の機能改善が加わっている。

○OSSを積極的に取り込むWindows 10

今週金曜(日本は土曜)からWindows 10 Insider Previewに含む多くのバグを報告するイベント「Windows 10 Creators Update Bug Bash」が始まる。現在のWindows 10 バージョン1607となったWindows 10 Anniversary Updateでも同様のイベントを開催していたことから、Windows 10 Creators Updateも最終コーナーが見えてきたところだろう。なお、Microsoftによれば、現在の32ビット版Windows 10 Insider Previewに致命的なバグが発見されたため、32ビット版のリリースは見送っているという。ちょうどBug Bashが始まる週末までにISOのリリースが予定されているので、該当する方はISOファイルのダウンロードページをチェックしてほしい。

さて、OSビルド15025は主に視覚障がい者向けの機能強化が中心となっている。本ビルドでは「ナレーター」による点字のサポートや、モノラルオーディオのオプションが加わった。点字機能を利用するには、「ナレーター」が動作していることを確認してから「設定」の<簡単操作/ナレーター>から点字機能のダウンロードを実行する。ここでダウンロードされるのは、メッセージなどを点字表示デバイスに出力するOSS(オープンソースソフトウェア)の「BRLTTY」と、点訳エンジンの「Liblouis」。Windows 10に直接OSSを実装するWindows Subsystem for Linuxと同類の取り組みだ。筆者は点字表示デバイスを所有していないため、動作を確認することはできないものの、ユーザーの利益という側面から今回の取り組みを高く評価したい。

さらにモノラルオーディオを追加した理由としてMicrosoftは、「スクリーンリーダー機能を利用している際、ヘッドフォンを片方の耳に取り付け、もう一方は周りの会話などに耳を傾けることが多い」と説明している。そのため片方の耳ですべての音を聞き取れる様にするため、本オプションを用意したのだろう。こちらは「設定」の<簡単操作/その他のオプション>で設定できる。

夜間になるとディスプレイの輝度によって目が疲れてしまうことから、Windows 10 Creators Updateではブルーライトカット機能が搭載されるが、本ビルドでは色温度の範囲として1200K(ケルビン)まで下げることが可能になった。もっとも眼球疲労の軽減に適切なのは5000〜6500K程度なので、ここまで下げることは皆無だろうが、利用者の選択範囲が広がるのはメリットとなるだろう。

最後に「フィードバックHub」の改善を紹介する。フィードバックを送信しているインサイダーならご承知のとおり、既存のフィードバックは重複する内容が多すぎた。そのためMicrosoftは投稿前の事前検索を推奨していたが、バージョン1.1612.10251.0以降のフィードバックHubでは、検索時に重複したフィードバックをまとめる「コレクション」機能を追加している。動作を確認するため、いくつかのキーワード検索を試してみたが、グループ化したフィードバックを見つけることはできなかった。フィードバックHubは以前から投票数の分散など多くの課題が挙げられていただけに、よい改善となりそうだ。

●OSビルド15025の改善点・既知の問題
○OSビルド15025の改善点・既知の問題

ここからはPC版の修正内容と確認済みの問題を紹介する。まずは修正箇所から。

・Win32ベースのPCゲームで特定の要素をクリックすると、最小化して元に戻すことができなくなる問題を修正した。
・新しいセキュリティモデルの実装に伴い、特定のGoogleサイトへ正しく接続できない問題を修正した。
・Microsoft Edgeの拡張機能が動作する様になった。
・セカンダリタイルと同じくプライマリタイルのピン留めが可能になり、アプリケーション開発者は効果的なライブタイルを演出できる。
・「Quicken 2017」が正しく動作する様になった。
・「設定」にあった<Mixed Reality>エントリーが表示されなくなった。
・ネットワークのフライアウトメニューが予期せぬタイミングで空白になってしまう問題を修正した。
・「設定」の<個人用設定/色>などで利用するカラーピッカーが機能しなかった問題を修正した。
・「設定」の<個人用設定/色>などで利用する「最近使用した色」で配色を選択しても正しく反映されない問題を修正した。
・「Windowsストア」からダウンロードしたテーマを削除した後に再ダウンロードしても、「設定」の<個人用設定/テーマ>に表示されない問題を修正した。
・Windows INKの「スケッチパッド」で利用する消しゴムのパフォーマンスが向上した。
・「スケッチパッド」や「画面スケッチ」などで利用する定規や分度器の選択状態を記憶し、次回起動時に選択内容を維持するように更新した。
・アップグレード後にピン留めを外せないタイルが出てしまう問題を修正した。
・タイルをピン留めするとグループの中央に配置されてしまう問題を修正した。
・特定の古いチップセットで構成されたPCで、UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)アプリケーションで配色が崩れてしまう問題を修正した。
・一部の環境でインターネットショートカットファイルが機能していない問題を修正した。
・サインイン画面をキーボードで操作する際、その他のユーザーを選択できない問題を修正した。
・Microsoft Edgeのアドレスバーで選択したテキストをコピーする際、短時間のフリーズが発生する問題を修正した。
・Microsoft Edgeのタブの横にある影が明るく表示される問題を修正した。
・「アラーム」や「Skype」の通話機能によるトースト通知を正しく動作させるため、優先度の問題を修正した。
・OOBEプロセス中に一部のCaptive Portal Wi-Fiへ接続できない問題を修正した。
・OOBEプロセスで音声コマンドが正しく動作しない問題を修正した。
・一部の環境でセーフモード実行すると画面が点滅し、エクスプローラーがクラッシュが繰り返される問題を修正した。
・OSビルド15019でTPMを開始できなかった問題を修正した。
・マウス操作でウィンドウサイズを変更した際、ボタンから指を離すとウィンドウがフリーズした様に見える問題を修正した。
・タスクバーおよびタスクビューに表示されるサムネイル画面の拡張性が悪い問題を修正した。
・タスクバーのサムネイル画面にマウスオーバーすると、すぐに消えてしまう問題を修正した。

次はPC版で確認されている問題を紹介する。

・本ビルドをダウンロードする際の進捗状況を示すインジケーターは破損している。辛抱強く待ってほしい(筆者注: 本件はOSビルド15002以降から発生している)。
・Windows Spectrum(Spectrum.exe)サービスを起因とする例外エラーが発生し、オーディオ出力の消失と異常なまでのディスクI/Oの使用率向上が発生することで、Microsoft Edgeなどのアプリケーションが特定条件下で応答しなくなる可能性がある。この問題が発生した場合は「C:\ProgramData\Microsoft\Spectrum\PersistedSpatialAnchors」フォルダーを削除し、PCを再起動する。
・システム全体のゲームモードは既定で有効だが、ユーザーが操作するまで設定項目のスイッチはオフとして表示される。
・特定のハードウェア構成では、配信時にゲームバーのウィンドウが緑色で点滅することがある。ただし、配信映像の品質には影響していない。
・Microsoft Edgeの「F12 Developer Tools」が断続的にクラッシュし、入力を受け付けないことがある。
・Microsoft Edgeの<要素の検査>と<ソースの表示>を選択しても、DOM Explorerおよびデバッガーが正しく起動しない問題がある。
・アイコンをドラッグ&ドロップすることでスタートメニューにピン留めする機能が動作しない。ピン留めするにはコンテキストメニューから実行する。
・Tencent製アプリケーションやゲームがクラッシュし、正しく動作しない可能性がある。
・「設定」の<更新とセキュリティ/Windows Update>で「一部の設定は組織によって管理されています」というメッセージが表示されるが、フライト構成設定に引き起こされたバグなので気にしないでほしい。
・一部のPCでサウンド再生時に「デバイス使用中のエラー」が発生する。現在調査中だが、「Windows Audio」サービスを再起動することで改善する可能性がある。
・希にアクションセンターが色を持たない空白として表示される。その際はタスクバーの位置を変更すると改善する。
・「Desktop App Converter」プレビューはOSビルド15025で動作しない。
・カーネルを変更したため、DRM機能を利用する一部のPCゲームタイトルに影響が発生している。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)