平壌初等学院を現地指導した金正恩氏(2017年2月2日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、新設の平壌初等学院を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が2日、報じた。

金正恩氏は、校舎や寄宿舎を見回り、「廊下に童話的でありながらも直観性と科学性、リアルさが保障されたいろいろな絵などを張り付けて置いたが、すべての空間が知識ホール、常識ホールになった」と語った。

また、「初等および中等教育の質がどうかによって高等教育をはじめとする国の全般的な教育の質が規定され、人材強国化実現の近道も朝鮮労働党の初等および中等教育重視政策を貫徹するところにある」と述べた。

さらに、「親のいない生徒たちが信じて頼るところはわが党しかないだけに、平壌初等学院の幹部と教職員が生徒たちが悲しさを知らず、一点の陰もなく正直でりりしく、明るく、明朗に育つように自身の心まで合わせてよく見守ることを頼む」と強調した。

現地指導には、崔龍海(チェ・リョンヘ)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、馬園春(マ・ウォンチュン)の各氏が同行した。