「5時間プラン」など、サービスを拡充

写真拡大

 ソニーネットワークコミュニケーションズは、2016年10月に開始したLTE通信サービス「nuroモバイル」に、「5分かけ放題」「5時間プラン」「パケットギフト」の3つの新機能を追加し、サービス内容を強化した。

 「nuroモバイル」は、2GBから10GBまで1GB刻みでプランを選ぶことができ、1GB増えるごとに200円を追加するというわかりやすい料金設定が特徴。毎月、容量を変更することも可能で、無駄なく利用できる。

 税別の月額料金は、データSIMが700円から、SMS+データSIMが850円から、音声通話SIMは1400円から。現在の販売店舗は、公式サイト、オンラインショップのソニーストア、Amazon.co.jpと、家電量販店の上新電機、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの実店舗の一部。

 今回、月額800円で、5分以内の国内通話が無料となる音声定額オプション「nuroモバイルでんわ5分かけ放題」を追加。音声定額オプションの付け外しは無料だ。

 さらに、音声定額オプションなしでも、nuroモバイルの音声SIM利用者ならば、固定電話などへの発信時に「0037-692」を付けて発信すると、通常は30秒あたり20円の通話料が10円引きの10円となる。国際通話も32か国一律30秒あたり10円の割引通話が適用される。発信時に自動的に「0037-692」を付加するスマートフォン向けアプリ「nuroモバイルでんわアプリ」も新たに提供を開始した。

 従来の容量ではなく、時間帯で通信速度が変わり、1日あたり計5時間まで下り375Mbps/上り50Mbpsの高速通信が使い放題できる新プラン「5時間プラン」を追加した。高速通信時間終了後の通信速度は下り/上りとも200Kbps。税別の月額料金は、データSIMの場合で2500円。システム側で高速通信を必要とする通信量を自動検知。高速通信時間の消費が無駄なく抑えられるという。利用者による設定は必要なく、必要な時だけ高速通信が利用できる。

 「nuroモバイル」利用者の間で、プラン容量内のデータ容量を10MB以上1MB単位で分け合える「パケットギフト」も追加した。発行した「パケットギフト」のコードが有効期限内に受け取られなかった場合は返却する。

 サービス強化にあわせ、取り扱い端末に、スマートフォンの「ZenFone 3 Max」と折りたたみ式携帯電話の「AQUOS ケータイ SH-N01」を追加し、販売中の3機種「ZenFone 3」「arrows M03」「BLADE E01」の価格を値下げした。また、これまではSIMカードとセットの同時購入だけだったが、SIM購入後に、端末だけ追加購入できるようにする。