31日、観察者網によると、中国企業100社協同による、春節を祝う大型広告ボードが米ニューヨークのタイムズスクエアに出現した。

写真拡大

2017年1月31日、観察者網によると、中国企業100社共同による、春節を祝う大型広告ボードが米ニューヨークのタイムズスクエアに出現した。

広告ボードにはトランプ大統領および米国民に向けて春節の祝賀メッセージが中国語と英語で書かれている。記事は「トランプ氏は就任から2週間足らずで大きな批判の渦に巻き込まれている。しかし中国企業100社は友好のシグナルを発し、中国からの輸入品に高い関税をかけると宣言しているこの指導者に善意を示した」と評した。

そのうえで、これまで同大統領が長きにわたり中国でブランド発信を模索し続けてきたほか、中国工商銀行がトランプ・タワー最大のテナントであるなど、中国企業とビジネス上のやり取りがあったにもかかわらず、中国を「為替操作国だ」と攻撃したり、選挙期間中に中国からの輸入品に45%の関税をかけると宣言したりしたことを紹介。中国の商業界リーダーから「米中貿易摩擦は不可避」との警告が出ている、とも伝えている。(翻訳・編集/川尻)