“急性白血病”チェ・ソンウォン、活動復帰の心境を伝える「ちゃんと治療を終えた」(全文)

写真拡大

急性白血病で闘病していたチェ・ソンウォンが、演劇「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で1年ぶりに復帰した感想を伝えた。

チェ・ソンウォンは2日、所属事務所を通じて近況を伝えた。

以下は、コメント全文である。

こんにちは。俳優チェ・ソンウォンです。

個人的な事情により長い間近況をお伝えできませんでした。信頼して待ってくださって、応援してくださったすべての方々に本当に感謝しています。

昨年「応答せよ1988」に送ってくださった関心とご愛情に、心より感謝申し上げます。

いただいた愛にさらに一生懸命に頑張る姿、良い演技でお応えすべく、もう一度一歩を踏み出そうとしたときに、あまりにも突然なことに急性白血病の診断を受けました。

6ヶ月が経った今は大変な治療をちゃんと終えて、もう一度演技の道を夢見ることができる、平凡ですが本当に大切でありがたい毎日を過ごしています。

現在私は2月に上演される演劇「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の1つの役を担当し、身体をたくさん動かさなければならない正式演劇ではなく、台本を詠む朗読劇(リーディング劇) であるため、特に無理なく楽しく練習しています。

今回の公演「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、活動を休止して治療を始めるころに本をたくさんプレゼントしてもらいましたが、その中で初めてもらった本でした。普段から親交のあったパク・ソヨン演出家からこの作品のオファーをいただき、感謝する気持ちで参加することになりました。

今後の活動について気になると思いますが、慎重な立場です。より健康な姿で良い作品で出会える日を僕も期待しています。

来る春、もしかすると少し後の遅い夏には、もっと健康になった姿でご挨拶するので、皆さんもどうか寒い冬を健康に過ごしてください。

2017.02.02.

チェ・ソンウォン