FIESTARのHyemi、ドラマ「師任堂、色の日記」OST最初のランナーとして出撃…フレッシュな愛を深い感性で表現

写真拡大

SBS水木ドラマ「師任堂(サイムダン)、色の日記」(以下、師任堂) (脚本:パク・ウンリョン、演出:ユン・サンホ) のOST(劇中歌) がベールを脱いだ。

OSTの共同制作を務めたLOENエンターテインメントは2日の0時、MelOnなど各種音楽配信サイトに「師任堂」OSTのスタートに値する最初の曲「その時その日私たち」を発表した。

韓国最高のボーカリストたちが合流した「師任堂」OSTの最初のランナーは、ガールズグループFIESTARのメインボーカルHyemiだ。

26日の放送で短く紹介さた「その時その日私たちは」は、子供時代の師任堂(イ・ヨンエ) とイ・ギョム(ソン・スンホン) のフレッシュな愛を深い感性で表現し、視聴者たちから好評を受けた。作曲家パク・グンチョルとチョン・スミンの共同作品だ。

「師任堂」OSTの制作会社はこの日、Hyemiを皮切りに毎週新しい音源を公開すると明かした。関係者は「素晴らしい歌手とOST界の実力者たちが、OSTへの参加を決定した。順次公開する予定だ」と伝えた。

「師任堂」は日本、台湾、シンガポール、インドネシア、マレーシア、香港、ブルネイなど7ヶ国で同時に放送されている。この他に中国、タイ、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどの有力放送会社ともすでに輸出契約を結んだ。