写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ナビプラスは2月2日、同社で開発・提供するサイト離脱ユーザー向けのメール配信ASP「NaviPlusリタゲメール」の新機能「ポップアップ&メール」をリリースした。

「NaviPlusリタゲメール」は、おもにオンラインショッピングなどのECサイトにおいて、サイトに訪れたユーザーが最も反応しやすい瞬間(モーメント)を捉え、プッシュメッセージやEメールでリターゲティングするソリューション。カゴ落ちや新規会員登録の発生など、接客の必要となるユーザーの瞬間を探し見つけタイムリーに接客メッセージを配信、ユーザーをサイトに連れ戻すきっかけを作り売上の獲得につなげる。

「ポップアップ&メール」は、ECサイト運営者やデジタルマーケティング担当者が、新規の会員及び売上の獲得を目的としたキャンペーンを、自社サイトのショッピングカート上で容易に実施できるようにするWeb接客機能。今回の新機能リリースにより、同サービスを利用するECサイトは、カゴ落ちメールやブラウザ放棄メールといった既存会員を対象とした離脱防止キャンペーンの実施に加え、新規会員の獲得も効率的に実施できるようになる。

具体的には、ショッピングカートで商品を入れたまま離脱しそうになったタイミングで画面にポップアップバナーを表示。バナーにメールアドレスを入力したユーザーにはカゴに入れた商品などの情報をリアルタイムにメール送信する。このメールを通じて会員登録フォームに誘導することで新規獲得につなぐ施策を実施できる。同サービスの管理画面では、配信するポップアップバナーとメールの原稿の編集や配信条件の設定を容易にでき、配信の成果や費用対効果の確認を行うことも可能。

昨秋より新機能のクローズドβ版の提供を開始し、ECサイト10社で実施した検証活動ではいずれのサイトも、キャンペーン実施のための新たなインセンティブ施策(専用クーポン付与など)は用意せずとも高い成果が出たという。

提供価格(税別)は、初期費用が無料。月額費用がクリック課金の成果報酬型の料金体系となっており、約5万円〜10万円程度となる。ポップアップバナーは初回ナビプラスが無料で制作する。

(山本明日美)