『ひるなかの流星』 ©2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 ©やまもり三香/集英社

写真拡大

映画『ひるなかの流星』の場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(12枚)】

場面写真では、三浦翔平演じる教師の獅子尾五月が、永野芽郁演じる主人公・与謝野すずめの頭に手を乗せているシーンや、白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS)演じる馬村大輝が獅子尾の胸ぐらを掴んでいる様子をはじめ、地面に倒れている馬村にすずめが覆いかぶさっている場面、すずめを背中に乗せる獅子尾の姿、運動着に身を包んでいる獅子尾と馬村の様子などが確認できる。

3月24日から全国東宝系で公開される『ひるなかの流星』は、やまもり三香による同名漫画の実写映画版。東京に転校してきた田舎育ちの高校1年生のすずめと、転校先の優しい教師・獅子尾、無愛想なクラスメイト・馬村の3人を巡る恋愛模様が描かれる。