36歳のFWクラウチが史上“最遅”でプレミア100ゴール達成!

写真拡大

▽ストーク・シティに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチが1日、プレミアリーグ通算100ゴールを達成した。

▽クラウチは、1日に行われたプレミアリーグ第23節のエバートン戦(1-1のドロー)に先発すると、7分にFWマルコ・アルナウトビッチのアシストからゴールを記録。得意のロボットダンスで記録達成を自ら祝った。

▽トッテナムでプロキャリアをスタートさせたクラウチはその後、複数クラブを渡り歩き、2005年から3年間にわたって在籍したリバプールでチャンピオンズリーグ優勝などを経験。2011-12シーズン途中からストークに活躍の場を移した。

▽なお、これを報じたイギリス『スカイ・スポーツ』によれば、クラウチの36歳2日での100ゴール達成は、現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍したライアン・ギグス氏の35歳364日を抜いて史上最年長記録だという。