ニューイヤーカップ宮崎ラウンドが開幕…横浜FCが福岡に3発快勝で白星発進

写真拡大

 2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが2日に開幕し、横浜FC(J2)とアビスパ福岡(J2)が対戦した。

 宮崎ラウンドには、横浜FC、福岡、V・ファーレン長崎(J2)、鹿島アントラーズ(J1)の4チームが参加。横浜FCは新加入のDFカルフィン・ヨン・ア・ピンやMF増山朝陽らが先発に名を連ねた。一方の福岡も、新戦力のDF岩下敬輔やMF山瀬功治らがスタメン起用された。

 試合の主導権を握る福岡は12分、左サイドの亀川諒史が上げたクロスにゴール前のウェリントンが頭で合わせたが、シュートは枠の右へ逸れた。

 38分にはペナルティエリア内右でボールを持った山瀬がドリブルでDFをかわし、シュート性のクロスを供給。ニアサイドの石津大介がスライディングで合わせたが、ここも枠を捉えることはできず、スコアレスで前半を折り返す。

 後半に入り56分、横浜FCが最初のチャンスをモノにする。ロングパスで左サイド高い位置に抜け出した田所諒が左足でクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ大久保哲哉が右足ダイレクトでゴール右に沈め、先制点となった。

 さらに70分、ペナルティエリア手前でボールをキープしたジョン・チュングンがミドルシュートを放つと、DFに当ってこぼれたところを野村直輝が押し込み、横浜FCのリードが2点に広がった。

 90分には左サイドからのFKをナ・ソンスがゴール前に蹴り込むと、これがそのままファーサイドに決まり、ダメ押しゴールとなった。試合はこのまま終了のホイッスルを迎え、横浜FCが3−0で福岡を下して大会白星スタートを切った。

 次戦は4日に行われ、横浜FCは鹿島と、福岡は長崎と対戦する。

【スコア】
横浜FC 3−0 アビスパ福岡

【得点者】
1−0 56分 大久保哲哉(横浜FC)
2−0 70分 野村直輝(横浜FC)
3−0 90分 ナ・ソンス(横浜FC)