トヨタがモータースポーツ活動計画を発表! ル・マンは3台体制でリベンジを狙う

写真拡大 (全9枚)

TOYOTA GAZOO Racing としてWRC・WEC・ニュル24時間などに参戦

トヨタ自動車は2017年2月2日に、2017年シーズンのモータースポーツ活動の発表会を開催した。

そのなかで2017年のモータースポーツ活動を、クルマが持つ夢や感動を与える大切なものと位置づけ、TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズー・レーシング)として、もっといいクルマづくりのために、人を鍛えクルマを鍛える活動に取り組んでいくと発表した。

FIA世界ラリー選手権WRCには、ヤリスWRC(日本名ヴィッツ)で、18年ぶりに復帰。さらには、FIA世界ラリー選手権WEC、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリー選手権には、チーム名TOYOTA GAZOO Racingで参戦する。

WECでは、東富士研究所で開発されたハイブリッドシステムを搭載した改良型TS050 HYBRIDを投入するとともに、第2戦スパ及び第3戦ル・マンには、3台体制で参戦し、ル・マン24時間レースでの初優勝と年間タイトル獲得を目指す。

参戦11年目となるニュルブルクリンク24時間耐久レースは、人づくりの原点に立ち返りLEXUS RCで参戦する。