餃子購入額ランキング(総務省家計調査)が発表され、浜松市が、3年連続5度目の日本一に輝いた。1位の浜松市は一世帯当たりの購入額が4818円、2位の宇都宮市は4651円、3位の宮崎市は2895円、4位の京都市は2869円であることが分かった。

 この結果を見て、若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』でコメンテーターを務めるFUJIWARAの藤本敏史(46)は「いいんじゃないですか?エリア同士で切磋琢磨して。ちなみに俺は、宇都宮市の大好きな餃子をお取り寄せしていますよ」とコメント。「『正嗣(まさし)』っていうお店なんですけど。とにかくおいしいの。餃子はホンマ大好きで、仕事帰りに王将で買ったりもする」と、自身の餃子愛を語った。


 さらに同番組では、千葉と茨城でコーヒー飲料「マックスコーヒー」をめぐり、論争が起きていることについても報道。茨城県民は「マックスコーヒーは子供の頃から飲んでいた」といい、千葉県民は「マックスコーヒーは千葉のソウルドリンクだ」と反論するなどそれぞれが主張。これについて、キャスターを務めるモデルの大川藍(23)は「そんなにマックスコーヒーを取り合いしているとは知らなかった!」と驚いた。

 ちなみに藤本の出身地・大阪と、大川の出身地・兵庫では「何かバトルはあるか?」と問われ、「う〜ん、お好み焼きやったらあるかも?広島じゃなく、お好み焼きといえば大阪という思いはある。ちょっとライバル視しているところもある」と藤本。大川は、「大阪じゃなくて東京ですけど、もんじゃを食べたときはもっと固めてよって思った(笑)」と珍コメントを繰り出していた。

 

(c)AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中