ハン・ソッキュ&キム・レウォン主演映画「監獄の首領」韓国で3月に公開決定…2人の共演に“高まる期待”

写真拡大

俳優ハン・ソッキュとキム・レウォンが、映画「監獄の首領」で3月の韓国劇場街に出撃する。

SHOWBOX側は2日午前、「『監獄の首領』の公開時期を3月に確定した」と明らかにした。

これと共にキャラクタースチールカット4種類を初公開した。ハン・ソッキュとキム・レウォンが引き受けたキャラクターのそれぞれ違った魅力を垣間見ることができる。

ハン・ソッキュは、今回の作品で悪役を引き受けて期待感を膨らませた。彼は劇中囚人のチョン・イクホ役を受け持った。高官層らとある取り引きを通じて監獄中に完全犯罪を設計する、絶対権力者だ。圧倒的な眼差しでカリスマを披露する。

キム・レウォンはソン・ユゴンのキャラクターに扮した。一時検挙率100%のエリート警察だったがひき逃げ、証拠隠ぺいなどで刑務所に収監されたマヌケなキャラクターだ。歴代級の演技変身を予告して、今後繰り広げられる話に対する好奇心をくすぐる。

「監獄の首領」は、巨大な犯罪の温床となった刑務所を舞台に、皇帝のように君臨する犯罪組織のボスと、囚人になった元警察官の接戦を描く犯罪アクション映画だ。