パク・ボヨン主演ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」キャラクター&メインポスター公開…“女らしいって何?”

写真拡大 (全2枚)

「力の強い女ト・ボンスン」パク・ボヨン、ZE:Aのヒョンシク、ジスのキャラクターポスターとメインポスターが公開され、話題を集めている。

韓国で今月24日夜11時から放送スタートするJTBC新金土ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」(脚本:ペク・ミギョン、演出:イ・ヒョンミン、制作:JSピクチャース、ドラマハウス) 側は、2日、期待を高めるメインポスターとパク・ボヨン、ヒョンシク、ジスのキャラクターポスターを公開した。

「力の強い女ト・ボンスン」は、ものすごい怪力を持って生まれたト・ボンスン(パク・ボヨン) が、この世のどこにも見たことのないような変わった男アン・ミンヒョク(ヒョンシク) と正義正しいイン・グクドゥ(ジス) に出会って繰り広げられる3人の男女の力比べロマンスを描く。

公開されたポスターにはパク・ボヨン、ヒョンシク、ジスのキャラクターポスターが視線を集める。下手に何かを触ると壊れて、つぶしてしまう怪力を生まれ持った“純粋怪力女”ト・ボンスン役のパク・ボヨンは、つんとした顔で「女らしいって何?」と問い詰めている。

女心を超え、男心までくすぐる魅力の持ち主で、一風変わった考え方を持つゲーム会社“アインテク”の若きCEOであるアン・ミンヒョク役のヒョンシクは、飴をくわえたまま強烈なカリスマ性を発揮しながら「男らしさって何?」と聞く。

警察大学出身の新米刑事で、ツンデレ男、社会正義は実現できると固く信じる原理原則主義者イン・グクドゥ役のジスは、しわを寄せた眉間に頬には絆創膏まで貼ってワイルドな男の香りを漂わせている。さらに「お前らは一体何?」というキャッチコピーは、予測不可能なイン・グクドゥのキャラクターを際立たせている。

メインポスターは「外剛内剛3人の男女の力比べロマンス」の始まりを知らせる。パク・ボヨンは“少女ハルク”の誕生を知らせるように、二人の男を細い両腕で抑え、お茶目な表情を見せている。守りたくなる華奢なルックスの偏見を打ち破り、元気な男二人を軽く抑える怪力の女ト・ボンスンのイメージを強調している。パク・ボヨンにつかまって困惑した表情のヒョンシク、ジス、二人の男の姿は見る人を自然と笑顔にする。

「力の強い女ト・ボンスン」は、JTBC編成改変によって従来の夜8時30分から夜11時に時間帯を移して、韓国で2月24日金曜日から放送スタートする。