1日、バスの中でふざける夫の姿をネットユーザーに批判された女優チャン・ツィイーが、アルファベットを並べたメッセージで応酬している。資料写真。

写真拡大

2017年2月1日、バスの中でふざける夫の姿をネットユーザーに批判された女優チャン・ツィイー(章子怡)が、アルファベットを並べたメッセージで応酬している。新浪が伝えた。

【その他の写真】

チャン・ツィイーは1日、公共バスの中で撮影した短い動画を、中国版ツイッター上で公開。そこには夫でミュージシャンのワン・フォン(汪峰)が、つり革を使ってふざける姿が映されていた。見たところ周囲に他の乗客はほとんどいない様子で、ワン・フォンは両手でつり革を握り、両脚を伸ばしたポーズで体操選手のように体を持ち上げている。

この動画に対し、一部ネットユーザーから「非常識だ」「マナーが悪い」「公共物を壊したらどうするんだ」「自分たちの年を考えろ」と批判の声が寄せられた。批判が届いた直後に動画を削除したチャン・ツィイーだが、ほどなくして「SBDT」という4文字と、鼻をほじるポーズの絵文字を公開した。

問題の4文字について多くのネットユーザーが、後半2文字は逆になるものの、「●逼太多(ShaBiTaiDuo)」を略したものではないかと指摘している。日本語にすると「バカが多い」という意味で、もし指摘が真実なら、批判に対する精いっぱいの応酬と思われる。

チャン・ツィイーの行動についてネット上では、「削除したならそれでよい」とする声もあれば、「チャン・ツィイーにはガッカリ」「結婚相手を選び間違うとこうなる」などといった批判の声も相次いでいる。(翻訳・編集/Mathilda)