【豆知識】ホワイトボードに間違えて「油性マーカー」で書いたときの対処法 / ホワイトボードマーカーで上塗りするだけで消せる!

写真拡大


ホワイトボードに文字なんかを書こうとして、うっかり「油性マーカー」で書いちゃったとしたら焦りますヨネ、さすがに。だって、ホワイトボードマーカーじゃなくて「油性マーカー」なんですから……消えないんじゃね!?

そんなとき、こんな豆知識を知っていれば役に立つかも?

【ぺんてるが披露した豆知識】

ただいま、文具メーカー・ぺんてるのTwitterアカウント、ペペ【ぺんてる公式】のツイートが話題になっています。

ホワイトボードに間違って「油性マーカー」で書いてしまったとき、あるものを使ってめちゃ簡単に消す方法を紹介しています。

その、あるものとは……ホワイトボードマーカー!

ホワイトボードマーカーは、普通の「油性マーカー」に剥離剤(はくりざい)を入れたもので、そもそも油性なのだそう。そのため、「油性マーカー」で書いた部分をホワイトボードマーカーで上塗りすると消えるんだって!

【実際にやってみたよ!】

へえええ、そうなんだ、知らなかった! そこで、実際に試してみることにしました。

まず、ホワイトボードに「油性マーカー」で落書きをします。

ホワイトボードを消すやつ(ホワイトボードイレーザー)で消そうとしましたが、無理でした。

次に、その部分をホワイトボードマーカーでジグザグに上塗りしてから、消すやつを使ってみると……ホワイトボードマーカーで上塗りした部分だけが消えました!

【全体を塗ってみた】

今度は、「油性マーカー」で書いた部分全体を、ホワイトボードマーカーで上塗りしてみました。

すると、しっかり消えました! ホント、消えてる! スゴイ!

ただ、ぺんてるによると、この方法は「あくまでも物性による現象のお話」とのこと。確実に消したい場合は、無水エタノールを布にしみこませて拭き取るなどした方がいいみたいです。ホワイトボードの近くに「油性マーカー」を置かない、がベストですネ♪

参照元:Twitter @‏pentel_pepe、ぺんてる
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch / 画像=Pouch (c) Pouch

画像をもっと見る