何台のiPhoneが息を吹き返すのでしょうか?

日本通信とソフトバンクは相互接続に合意し、相互接続協定書を締結したことを発表しました。つまり、日本通信がMVNOとしてソフトバンク回線の格安SIMサービスを始められるということになります。サービス開始は2017年3月22(水)です。

ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhone及びiPad向け格安SIMを他機種用に先行して2017年3月22日(水)よりサービス開始いたします。

さて、日本通信の報告にはこのような文言があります。現在は一定期間経過後にSIMロックを解除することができますが、それ以前にソフトバンク版iPhoneを購入したユーザーも多いことでしょう。「格安SIMで運用したいけどできない!」そういったiPhoneが各家庭や中古ショップには数多く眠っているかと思います。でも、このサービスが始まれば、ソフトバンク版のiPhone・iPadでもSIMロックを解除することなく、通信費を抑えられるようになるわけです。やったぜ!

日本通信はかつてよりソフトバンクにMVNO展開のリクエストを送っていたのですが、ソフトバンク側が難色を示したため交渉は難航。日本通信が総務省に申し立てを行なうなどのすったもんだもあったようですが、ようやく実現できることになったわけですね。

現時点ではプランの価格や内容はまだ発表されていませんが、リリース上で「格安SIM」と述べていることから、他のサービスと同レベル価格で展開してくるのだと思われます。あともう1点心配なのが、3Gデータ通信をサポートするのか?といったところ。3Gをサポートしない場合はiPhone 4s以前の機種はSIMを差し替えても通信できないことになります。

う〜ん、どんな仕様と価格でくるのか? 不安と楽しみが入り交じる不思議な感覚ですね! みなさんはこの格安SIMがリリースされたら、ソフトバンク版のiPhoneやiPadを格安SIMで運用してみます?

・総務省、スマホのSIMロック解除を拡大。分割払いなら100日以下でのロック解除も

image: 小暮ひさのり
source: 日本通信株式会社

(小暮ひさのり)