写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●古くからMVNOに従事
ソニーネットワークコミュニケーションズは2016年10月よりMVNOサービス「nuroモバイル」を展開している。そんな同社が1月31日に新サービスを発表したが、これらをもとに、どう戦い、どう勝ち抜こうとしているのか。

○古くからMVNOに取り組むnuroモバイル

ソニーネットワークコミュニケーションズは、プロバイダー事業「So-net」を展開するソニーグループの一員だ。モバイル事業としては2003年にウィルコム(当時はDDIポケット)、2008年にイーモバイルから回線を借りたMVNO事業「bitWarp」を、2011年からは「So-netモバイル 3G」の名前でドコモ回線の3GのMVNOを開始するなど、意外と歴史は古い。

その後、ドコモ回線の「So-netモバイル LTE」とUQコミュニケーションズ回線の「WiMAX」、さらに「PLAY SIM」や「So-net MILEAGE SIM」など複数のブランドを展開していた。こうしたブランドのうち「So-netモバイル LTE」と「PLAY SIM」を統合して登場したのが「nuroモバイル」ブランドだ。「nuro」ブランド自体は世界最高速を謳う光回線サービスで利用しており、ここに統合されることになる。

「nuroモバイル」は2GB〜10GBまで1GB刻みのプランが用意されており、プランによっては業界最安水準になっているほか、目玉サービスとして「0 SIM」がある。これは月額の基本料金が不要なSIMサービスであり、毎月500MBまでであれば無料で利用できる。なお0 SIMは配給量が限られており、毎月7777枚ずつの販売となっている。

様々な取り組みを進め、同社のユーザー数は38万契約(0 SIMを除く)と中堅クラスのMVNOとなっている。そんな中、「50万契約を獲得する」という目標のもと発表されたのが今回の新サービスだ。

●50万契約を目指すための新サービス
○従来の穴を埋める新サービス

新サービスの内容は、

1.1日5時間だけ高速通信が可能な「5時間プラン」を追加
2.通話プラン「nuroモバイルでんわ」に5分かけ放題オプションを追加
3.ユーザー間でパケットをプレゼントできる「パケットギフト」
4.バースト機能を採用
5.新端末として「ZenFone 3 Max」と「AQUOSケータイ SH-N01」を追加

となる。

最大の特長が1つめの「5時間プラン」だ。これは毎日ユーザーは5時間のタイマーを持っており、通信していると、その通信がある程度の速度を必要としていると判断されたとき、タイマーの残り時間が減っていく。そうやってタイマーがなくなるまでは通常通りの高速通信が可能で、タイマーがなくなったら200kbps程度まで速度が落ちることになる。

5時間プランは毎月2,500円と、10GBプラン(2,300円)より高いため、どちらかといえばヘビーユーザー向けのサービスだが、たとえば毎日ストリーミングで映画を1本見たい場合など、容量区切りのサービスでは数本見るのが限界でも、時間で区切るなら毎日でも見られる。利用する内容にもよるが、ユーザーにとっての快適度は高く感じられそうだ。

2つめのかけ放題オプション「nuroモバイルでんわ」は、これまでのnuroモバイルに欠けていた穴を埋めるサービスで、業界の水準に合わせて話し放題オプションを提供することになる。申し込み不要・無料のオプションとして利用できるサービスで、電話番号の前に専用のプリフィックスをつけることで、30秒あたり10円(通常は30秒あたり20円)で通話できる。

3つめのパケットギフトは、mineoなど一部のMVNOで導入されているが、nuroモバイルでは10MBから1MB単位でやりとりできるため、パケットを無駄なく最後まで使いきれるのが特長だ。

4つめのバースト機能は、他社でも導入済みのところがあるが、転送開始直後だけ高速で転送を開始し、その後低速モードに切り替えるというもの。nuroモバイルでは「初速バースト」と表現している。通信の開始が素早く行われ、小さいコンテンツならその段階で読み終えるので、低速モードになっていてもストレスを感じにくくなるというメリットがある。

5つめの新端末については他社で販売されているものでもあり割愛するが、基本的には折りたたみ端末も含めて他社並みのラインナップを揃えたことで競争力の向上を目指す方向だ。

●ソニーグループの活用は?
○新たなビジネス像は未だ見えず

今回導入された施策はどれもnuroモバイルのこれまでの弱点を解消し、さらなる魅力を持たせる内容となっているが、問題はそれがユーザーにどこまで伝わるか、だろう。これまでnuroモバイルは大掛かりなCMなどを打っておらず、今回の発表でもnuroモバイルがどんなMVNOとして展開していこうというのかが見えないままだった。

nuro光は「世界最速」というキャッチフレーズがあるのでわかりやすいが、nuroモバイルには一部の料金設定を除いて世界一、業界一といったサービスが見出せない。料金体系こそシンプルでわかりやすいが、一方で直営店や申し込みカウンターがあるわけでもなく、自力で端末の調達や設定を行う必要もある。新しい5時間プランなどもどちらかといえば玄人好みなサービスだ。

何より、ソニーという大看板が後ろ盾にありながら、それを有効活用しようという動きが今は見えない。ソニーネットワークコミュニケーションズの社長は、スマートフォンを製造販売するソニーモバイルコミュニケーションズの十時裕樹社長が兼任しているが、日本では大きなブランド力を持つXperiaシリーズの端末がSIMフリー端末のラインナップに入っていない。

今後IoTが普及するにあたり、家電大手であり、ゲーム機でも支配的プラットフォームであるPlayStation 4を擁するソニーにとって、ソニーならではの差別化を実現するためにも、モバイル回線サービスは重要な役割を示すはずだ。既存サービスをわざわざリブランドしたのもそのためだろう。ソニーにはソニーなりの計画があり、思惑があるのだろうが、ここはスピード感を持って、あっと驚くような施策を見せてほしいところだ。

(海老原昭)