写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米GoProは2月1日(現地時間)、ドローン「Karma」を米国にて販売再開した。日本を含む米国外のマーケットでは、2017年春に販売を開始する予定だ。

KarmaはGoPro初のドローン製品で、2016年10月23日に発売。しかし、動作中に電力を失う現象が一部の機体で確認されたため、11月にリコールを発表し、出荷済み製品の回収を行っていた。

GoProは、不具合の原因がバッテリーを固定するためのラッチ機構にあると特定。これに基づき、ラッチを再設計することで、販売再開が可能になった。再開後は、GoPro.comや米国のいくつかの販売店で取り扱っている。

コントローラーやバックパック型ケースのほか、ハンディタイプのスタビライザー「Karma Grip」などが付属。なお、「Karma Grip」はKarmaの販売再開に先駆け、単品での販売をアナウンスしている。