鹿島アントラーズからスペイン2部テネリフェへの移籍が決まった柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「同じ陣容で戦えるのはだいたい3年間」

 昨シーズンの二冠王者・鹿島アントラーズが、クラブ史上でも前例のない大型補強を成功させてシーズン開幕に臨もうとしている。司令塔・柴崎岳がリーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェへ完全移籍したが、鈴木満常務取締役強化部長は早い段階から柴崎抜きの陣容を再構築。今シーズンから5枠に拡大される外国人枠もフル活用して、昨シーズンをはるかに越える強さを追い求める先に、常勝軍団は大いなる野望を描いている。(取材・文・藤江直人)

----------

 クラブ創立から四半世紀を越えた鹿島アントラーズが、ライバル勢の追随をまったく許さない、Jリーグで屈指の常勝軍団として君臨していることはあらためていうまでもない。しかし、フジゼロックス・スーパーカップを含めて24個もの国内タイトルを獲得してきた歴史を振り返ると、三度におよぶ無冠の期間が存在していることがわかる。

 最初は1995シーズンまでの3年間。次は2003シーズンからの4年間。そして、直近となる2013シーズンからの2年間。2シーズン連続の無冠が現実味を帯びはじめていた2014年の秋には、鈴木満常務取締役強化部長からこんな言葉を聞いたことがある。

「いまの状態で(柴崎)岳が海外に移籍しなければ、必ず強くなると思っている」

 無冠に甘んじていた期間の心境を表すならば、雌伏して時の至るを待つ、となるだろうか。実力を養いながら活躍の機会をじっと待つ、という意味のことわざが現実のものとなる手応えを、1996シーズンから強化の最高責任者を務めている鈴木常務はつかんでいた。

 果たして、アントラーズは2015シーズンのヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)を制覇。3シーズンぶりとなるタイトルを獲得すると、昨シーズンはJ1年間王者と天皇杯の二冠を獲得。FIFAクラブワールドカップでは決勝に進出し、名門レアル・マドリードと延長戦にもつれ込む好勝負を演じたことはまだ記憶に新しい。

 アントラーズの生き字引的存在でもある鈴木常務は、「同じ陣容で戦えるのはだいたい3年間」を持論としている。アントラーズは2007シーズンから、前人未踏のリーグ戦3連覇を達成。最強を誇った3年間で蓄えた財産もあって、2010シーズンに天皇杯、2011シーズンからはヤマザキナビスコカップを連覇している。

 獲得したタイトルの数は一気に増えたが、チームそのものは伸びしろを完全に失ってしまった。必然的に入り込んだ三度目の無冠期間は、フロント主導による世代交代が積極的に推し進められた時期でもあった。その象徴的な存在を担い、タイトル奪還へのキーマンを託されたMF柴崎岳が、リーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェへ完全移籍した。

柴崎が抜けることを前提としたチーム作り

 12個のタイトルを獲得した1996シーズンから2002シーズンまでの第1次、9個を上積みした2007シーズンから2012シーズンまの第2次に続く黄金時代の訪れを確信していた鈴木常務は、こんな言葉もつけ加えている。

「このチームでタイトルを取れれば、3連覇したときのように安定した力を発揮できるようになる」

 二冠を達成した結果だけを見れば圧巻となる昨シーズンだが、決して満足はしていない。ファーストステージの優勝から一転して、セカンドステージは11位に低迷。連覇を狙ったヤマザキナビスコカップでは、グループステージで1勝しかあげられずに姿を消している。

 何よりも総合力が反映される年間勝ち点を振り返ってみると、3連覇が途切れた2010シーズン以降は「60」が最高となっている。昨シーズンもセカンドステージの不振もあって「59」にとどまり、年間トップの浦和レッズの「74」、同2位の川崎フロンターレの「72」に大差をつけられた。

 ゆえに「下克上での優勝」がクローズアップされたわけだが、実際にピッチで戦った選手たちは7シーズンぶりのJ1制覇を喜びながら、現実もしっかりと見つめていた。柴崎と同じ2011シーズンに加入し、自他ともに認めるディフェンスリーダーに成長した昌子源は、フロンターレとの天皇杯決勝を制した直後にこんな言葉を残している。

「ウチはチャンピオンシップを取って、その勢いもあって天皇杯優勝まで来られましたけど、チャンピオンシップ制度がなかったら本当に難しいシーズンになっていた。実際、チャンピオンシップに入る前は4連敗でセカンドステージを終えているし、次のシーズンからはチャンピオンシップ制度そのものがなくなるので」

 いわば真価を問われる2017シーズンは、柴崎が移籍したことで、クラブ史上で初めて背番号「10」の選手を欠いて臨むことがほぼ確実となった。もっとも、鈴木常務は早い段階から、海外志向が強かった柴崎が抜けることを前提として、今シーズンに臨むチームの青写真を描いてきた。

考えつくされたチーム編成。絶えない鹿島の伝統

 たとえば、アルビレックス新潟から加入したJリーグ屈指のボールハンター、レオ・シルバは柴崎の穴を補ってあまりあるボランチとして白羽の矢を立てている。天皇杯を制した直後には、レアル・マドリード戦であげた2ゴールが契機となって、柴崎の移籍が加速することを覚悟していた。

「まだ何も届いていないし、いつ届くかもわからないけど、オファーは多分ある。覚悟はしているし、そのときのための対策も立てている」

 ここで言及された対策こそがレオ・シルバの獲得であり、そこには過去に味わわされた苦い教訓が生かされている。神様ジーコが礎を築いた黎明期の伝統やイズムをアントラーズの屋台骨とするために、鈴木常務は他のクラブとは明らかに一線を画す世代交代とチーム作りを推し進めてきた。

「加入して3年目くらい、高卒ならば20歳すぎでレギュラーとなり、30歳すぎまで『幹』として主軸を張っていく。そのなかで最後の3年間くらいを次の『幹』となる世代と上手く重ねることで、アントラーズの伝統といったものを選手から選手へと引き継がせていく」

 キャプテンを務めるレジェンド、MF小笠原満男が加入したのが1998シーズン。レギュラーに定着し、Jリーグ史上で初めてとなる三大タイトル独占への原動力になったのが3年目の2000シーズンだったことからも、鈴木常務が描いた世代交代プランがしっかりと実践されていることがわかる。

 しかし、2002年のワールドカップ日韓共催大会後に日本サッカー界に訪れた、海外移籍のうねりがアントラーズの構想を大きく狂わせる。ルーキーイヤーからレギュラーを務めてきたDF内田篤人(シャルケ)が抜けたのは、5年目となる2010年の夏。FW大迫勇也(ケルン)も、19ゴールをあげた5年目の2013シーズン終了後にチームを去った。

「(内田)篤人とサコ(大迫)がいまもプレーしていれば、もっと強いチームになっていますよ」

 鈴木常務はこんな言葉とともに、苦笑いしたこともあった。振り返ってみれば小笠原やFW柳沢敦(現アントラーズコーチ)、DF中田浩二(2014シーズン限りで引退)も、一時は海外でプレーしている。選手たちの夢のひとつに海外移籍が加わった時代の流れを、ジレンマを覚えながらも、鈴木常務は「やっぱりサッカー人生は一回限りなので」と尊重することを決めている。

「そのうえで原則としてアカデミー出身の選手や高卒、大卒からの新加入選手、いわゆる生え抜きをアントラーズの色に染めながら育てる作業に主眼を置きます。ただ、その一方で他チームから選手を獲得することも視野に入れていかないと、チーム作りが間に合わない時代になってきたのは確かですね」

増額する賞金。大型補強で好循環へ

 特にこのオフは、移籍による補強に積極的に動いた。前出のレオ・シルバだけでなく、ペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)と金森健志(アビスパ福岡)の両FW、山本脩斗が孤軍奮闘している左サイドバックを務められる三竿雄斗(湘南ベルマーレ)を獲得した。

 さらに1月下旬には、韓国代表の守護神を務めるGKクォン・スンテ(全北現代)も加入。ブラジル代表歴をもつMFレアンドロ(パルメイラス)も期限付き移籍で獲得するなど、昨シーズンから在籍するDFブエノを含めて、5人に拡大された外国人選手枠をすべて行使している。

 もちろん生え抜き組でも高卒のDF小田逸稀(東福岡)、FW安部裕葵(瀬戸内)が加入し、モンテディオ山形に期限付き移籍していた7年目のMF梅鉢貴秀も復帰させた。ポジションごとの争いが激化し、チーム全体の層が厚くなった状況を、背番号を「34」から「9」に変えたアカデミー出身の20歳、FW鈴木優磨はこう表現する。

「ウチは常に優勝しなきゃいけないクラブ。そのために多少借金をしてでも、いろいろな選手を取りにいったと思う」

 クラブワールドカップ準優勝で手にした約4億7000万円を含めて、昨シーズンのアントラーズは総額で7億5500万円もの賞金を獲得した。「もっとも、それらは今年度の決算になるから、投資に回すといっても難しいんだけどね」と苦笑いしながら、鈴木常務は大型補強がもつ意味をこう説明する。

「チーム内の競争を激しくするような補強をして、上手くすれば勝てるというチームから、力で勝ち取れるチームを目指していこうということ。次のシーズンでも勝てばいろいろな配分金や賞金も入ってきて、投資というか、いいサイクルが生まれるので」

 Jリーグは今シーズンから、イギリスの動画配信大手パフォーム・グループが提供するスポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』と、10年総額で約2100億円にのぼる放映権契約をスタートさせる。

 たとえばJ1では、それらが原資となって均等配分金が1億8000万円から3億5000万円、J1優勝賞金が1億円から3億円へそれぞれ増額。さらにリーグ戦で優勝すれば、3年間で最大15億円となる新設の理念強化配分金も加わる。つまり、2017シーズンの優勝は21億5000万円の収入増を意味することになる。

「ここで勝って勝ち組に入るのと、そうじゃないところとはどんどん差がついていく。その意味でも、今シーズンは少し無理をしてでもやらなきゃいけない、という思いはありますね」

「頭が抜きん出た存在になりたい」

 鈴木常務も「勝ち組」や「無理」という言葉を用いながら、2017シーズンのリーグ優勝がもつ重要性を説く。実際、アントラーズの歴史を紐解けば、大きな赤字を承知のうえで将来へ投資し、第1次黄金時代を手繰り寄せた時期がある。

 Jリーグがスタートした1993シーズン。ファーストステージを制し、日本中に衝撃を与えたアントラーズは、チャンピオンシップでヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に屈した。続く2シーズンもタイトル争いに加われない状況が続くなかで、後に第2代チェアマンを務める鈴木昌社長はビッグネームの獲得を厳命する。

 1994シーズンにレオナルド、1995シーズンにはジョルジーニョとワールドカップ・アメリカ大会を制したブラジル代表コンビが加入。1ステージ制で行われた1996シーズンで初めて頂点に立つと、1997シーズンには司令塔ビスマルク(ヴェルディ)と日本代表DF名良橋晃(ベルマーレ平塚)を獲得。2年間でさらに3個のタイトルを手中に収めた。

 当時はヴェルディと横浜マリノス(現横浜F・マリノス)が、人気を二分していた。地方の小都市で産声をあげた、小さなクラブが生き残っていくうえでも、鈴木社長は確固たるブランドが必要だと危機感を募らせていた。

 その結果として強豪クラブの仲間入りを果たし、有望な高卒ルーキーを獲得できる環境が整った。小笠原、中田(2014シーズン限りで現役引退)、いまも守護神として君臨するGK曽ヶ端準、MF本山雅志(ギラヴァンツ北九州)と、その後のアントラーズの屋台骨を支える顔ぶれが1998シーズンに加入したのは、決して偶然ではなかった。

 今シーズンも然り。人件費が高騰し、一方では収入の柱となる広告料収入と入場料収入が頭打ちとなっている状況で、20億円を超える収入がもたらす効果は計り知れないほど大きなものがある。2015シーズンを「ホップ」、2016シーズンを「ステップ」とすれば、「ジャンプ」となる今シーズンの先に鈴木常務はさらに壮大な青写真を描いている。

「ウチとジュビロ磐田が争っていたときのように、頭が抜きん出た存在になりたい、という思いがあるので」

 1997、1998、2001シーズンと、チャンピオンシップでジュビロと顔を会わせること三度。数多くの名勝負が繰り広げられ、ナショナルダービーとも呼ばれた当時のアントラーズをも越える強さを身にまとうために――。

 夢を追い求めて旅立った柴崎へ熱いエールを送りながら、昨シーズンに成長を遂げた既存の選手たちと期待の新戦力が融合し、新たな化学反応が生まれる瞬間を、鈴木常務は期待に胸を躍らせながら待っている。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人