初代ワゴンRは、軽自動車の革命といえる存在でした。1993年当時、「トールワゴン(ハイトワゴン)」というクラスを作り上げ、そのスタイリングから軽自動車に男性ユーザーも呼び込んでいます。

1

1998年に登場した2代目で累計100万台(99年3月)を達成し、2003年の3代目で200万台をクリア(03年12月)。その後、2008年登場の4代目で300万台(08年6月)、5代目で400万台(13年9月)と順調に販売台数を伸ばし、昨年12月時点で累計販売台数約440万台、保有台数は軽ナンバーワンの約280万台となっています。

スズキにとって「いつも真ん中」にあるというワゴンR。軽初のヘッドアップディスプレイを設定したことからも、重要性がうかがい知れます。

ここ最近ではモデル末期ということもあって、アルト、ハスラー、スペーシアに続く4番手になっていて、今回のワゴンRのフルモデルチェンジはまさに待望といえるはず。ある意味「発明」といえた初代ワゴンRのようなインパクトを新型でも残し、セールス拡大につなげることができるでしょうか。

スタイリングでは、フロントセクションを「パーソナルスペース」としてモダンに仕立て、印象的なBピラーを境に後方を「実用スペース」と分けています。

初代ワゴンRはいい意味で道具感があり、男性ユーザーに振り向いてもらえた理由のひとつだと思われます。新型ワゴンRは力強さを抱かせるサイドビューや、バックドア下側に横向きに配置したリヤランプも初代以来の手法といえるもので、個人的にはサイドとリヤからの眺めが新鮮かつ少し懐かしくも感じます。


 

フロントマスクは「FA」「HYBRID」「FX」の標準系、「HYBRID FZ」のスタイリッシュ系、そしてスティングレーの3タイプを設定。

インテリアは、ワイド感を抱かせる横基調で、センターメーターにヘッドアップディスプレイという組み合わせ。インパネを真横に貫くインパネカラーパネル/エアコンルーバーがアクセントになっています。

 

そのほか、前後乗員距離を35mm延ばし、前席の横方向を5mm、後席の横方向を15mm拡幅。さらに前席ヒップポイントを15mm下げることで乗降性を向上させるなど、パッケージングも進化。

プラットフォームやパワートレーンの進化などは別記事にて紹介しますが、実車を目の当たりにすると、3つのフロントフェイス、横形のリヤテールランプなどもあって、ここ数代のモデルチェンジよりも大きな変化であることを感じさせます。

(文/写真 塚田勝弘)

初代以来の「発明」となるか!? 新型・ワゴンRのデザインはどう変った?(http://clicccar.com/2017/02/02/442112/)