「俺、狙われてる…」男子が恐怖を感じる女子からのアプローチ

写真拡大



好きな人にはたくさんアピールをしてこちらに気をむかせたいものですよね。でもこんなアピールでは逆効果。今回はやりすぎてしまえば、男子から「怖っ」と思われてしまう恋愛のアプローチを紹介します。

■◆ 友達を使う

「Aちゃんの友達から『みんなで遊びに行こう!』と誘われると必ずAちゃんがいます。最初は偶然かなと思っていたのですが、ご飯を食べていてもやたら隣の席になるし、近づけられることが多いです。あきらかに友達が何かを企んでいると思ってしまいちょっと怖いです」(21歳/学生)

「『○○ちゃんはすごく良い子だよ〜』とか『なんで〇〇ちゃんと付き合わないの?』と〇〇ちゃんの近くにいる女友達からしつこく言われるとだんだん面倒になってきます。そのわりに〇〇ちゃん本人からは何も言ってこないし不思議。怖いです」(22歳/学生)

まずは外堀から埋めていくというやり方もあるかもしれませんが、自分の知らないところで女子の集団が何かを仕向けていると知ってしまえば男子は怖がってしまいます。気になる相手には自分から声をかけていきましょう。

■◆ 露出度高い

「肩が広めに出ている服くらいなら色っぽいと思うのですが、目のやり場に困る服はちょっと…。ものすごくミニスカートだったり背中がぱっくり開いていたり。一緒に歩くにもなかなか勇気がいります」(23歳/学生)

「キャンプに行ったときに、胸元がかなり開いている子がいました。アピールなのかよくわからないですけど、やりすぎはひきます」(25歳/研究)

色っぽさを出すために露出度が高い服を着るとどうしてもやりすぎになりがちです。出す=色っぽくなるというわけではないので露出度が高めの服を着るときは清潔感を心がけましょう。あまりにザックリと露出していると、肉食系女子感が強すぎて恐れられてしまいますよ。

■◆ 褒めまくる

「むやみやたらに褒められると最初はうれしいんですけど、だんだん『本当!?』とうたがってしまいます。『なにか裏があるんじゃないか』と怖くなってしまうのでなんでもかんでも褒めるのはちょっと」(25歳/公務員)

「いちいち『すごーい』とか全てのことを褒めてくる子は必死さが出てくると思います」(28歳/広告)

日常的に褒められ慣れている人はそんなに多くはありません。なんでもかんでもとりあえず褒めておこう的なスタンスで彼を褒めれば相手も勘ぐってしまいます。気持ちのこもっていない嘘の言葉で褒めても彼の心には響きません。会話の中でさりげなく「いいな」と思ったことを伝えるくらいにしておきましょう。

■◆ プレゼント攻撃

「付き合ってもない子から誕生日にネクタイをもらったことがあります。身につけるものだしけっこう高そうだったから困りました」(27歳/IT)

「なにかあるたびに物をくれる子は怖いです。帰省のお土産とかノートを貸したお礼とかなにかにつけて物をもらったことがありますが困りました」(23歳/学生)

付き合っていない相手にプレゼントを送ってしまえば、相手も「このプレゼントの意味は?」と考え込んでしまいます。頼みごとをしてくれたお礼やお返しを渡すのであればお菓子などの手軽なものを選ぶようにしましょう。身につけるものは相手も困ってしまうのでNGです。

■おわりに

せっかく勇気をふりしぼってとった行動が「怖い」と思われてしまうのは悲しいですよね。「あの子、なんだか気になるな…」とさりげなく印象に残るアピールを身につけて彼を夢中にさせてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)(黒田真友香/モデル)(柳内良仁/カメラマン)