2017シーズン 選手の補強一覧

写真拡大 (全2枚)

ルヴァン杯優勝でタイトル獲得も…CSで“世界2位”鹿島に敗れる

 フットボールチャンネル編集部では、Jリーグ開幕に向けて各J1クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨シーズンのチャンピオンシップ決勝で敗れて2位となった浦和レッズを占う。

------------

 近年は終盤に失速する悪癖があったが、昨シーズンは常に上位をキープし、安定感のある1年を過ごした。1stステージは3位にとどまったが、2ndステージを制覇し年間勝ち点1位でチャンピオンシップに進出。後に“世界2位”となる鹿島アントラーズとの決勝戦では優位に試合を進めながら逆転負けを喫してしまう。

 リーグ優勝がお預けとなったのは残念だったが、ルヴァンカップ優勝でタイトルは獲得した。

 昨年オフは遠藤航、駒井善成といった若手有望株を他クラブから迎え入れ、戦力として機能させた。彼らはハイレベルなポジション争いを勝ち抜き、適応力の高さを示した。

 多くのファン・サポーターに支えられ、国内屈指のビッグクラブである浦和。2016年に味わった悔しさは、新たなシーズンで晴らすしかない。

各ポジションに新戦力。目玉はラファエル・シルバ

 各ポジションに新戦力を加えたが、目玉はアルビレックス新潟から加入したラファエル・シルバだろう。爆発的なスピードを活かし最短距離でゴールに迫るプレーは魅力的。浦和の前線は多彩な顔ぶれが並ぶが、R・シルバの武器は既存戦力にはないものだろう。攻撃に新たな色を添えることが期待される。

 GKは榎本哲也を横浜F・マリノスから獲得した。今シーズンも西川周作が第一候補だが、榎本の能力は折り紙つき。ACLの戦いも控えており、戦力の充実は喜ばしいことだ。

 菊池大介は左WBの争いに挑むことになり、宇賀神友弥の牙城を崩したいところ。アビスパ福岡から加入した田村友は浦和のスタイルを吸収し、自身の力を発揮できればスタメン争いに食い込めるのではないか。

 また、アカデミー育ちの矢島慎也はファジアーノ岡山で成長を遂げて帰ってきた。阿部勇樹、柏木陽介の鉄板ボランチコンビに割って入れるか注目される。矢島と同じくリオ五輪世代のオナイウ阿道は、強豪クラブでそのポテンシャルを開花させられれば面白い存在となるかもしれない。

鹿島戦の敗北は教訓にすべき

 リーグ制覇は悲願でありノルマである。今シーズンこそはと誰もが思っているはずで、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のもとで熟成させてきたプレースタイルで頂点に上り詰めたいところだ。昨シーズンは破壊力抜群の攻撃に加え、最終ラインの選手たちも守備を第一に考えることで堅牢な壁を築いた。

 攻守両面でリーグトップクラスの力を持っていることに疑いの余地はない。重要なのは“勝つべき試合を必ずモノにする”強さだろう。優位な状況から敗れ去ったチャンピオンシップ決勝2ndレグは教訓とすべき。鹿島の執念が凄まじかったのは事実だが、そうした相手にも冷静さを失わずに対応できなければ歓喜は遠いままだ。

 浦和のサッカーは完成形に近づいているようにも思えるが、新戦力はそれぞれに特徴のある選手ばかり。そうした面々には自身の武器を余すところなく発揮し、チームを新たな次元に押し上げることが求められる。既存戦力は今のサッカーに絶対の自信を持っているはずだが、新加入組との融合でさらに強い浦和が誕生するかもしれない。

診断

補強診断 A

 それぞれが即戦力級の力の持ち主。加えてまだ若いため、長く浦和を背負って立つことも期待される。新加入の中で唯一ベテランと呼べる榎本は、その豊富な経験でチームを支えてくれるはずだ。西川にとっても学ぶことが多い存在ではないだろうか。

総合力診断 A

 リーグ優勝を逃したとはいえ、年間通しての戦いを見れば彼らがチャンピオンにふさわしかったという見方もできる。戦力は整っており、2ステージ制が廃止となる今シーズンは、浦和にとって優勝しなければならない年になる。

text by 編集部