写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パピレスとGYAOの合弁会社・ネオアルドは2日、クリエイティブ分野の専門スクールを運営するバンタンと共同制作した「コミックシアター《フルボイス版》」の配信開始を発表した。

コミックシアターは、従来のマンガにデジタルならではの演出を施すことで、動画コンテンツとして進化させた次世代コミック。アニメーションやエフェクトなどを付加したコマやセリフが自動表示され、ストーリーが進む仕掛けとなっている。2014年からは、声優によるキャラクターのセリフ音声やBGM、効果音などを追加した「コミックシアター《フルボイス版》」の配信を開始している。

今回共同制作プロジェクトの対象となったのは、水上悟志『サイコスタッフ』と桜野みねね『ひなぎく見参! 一本桜花町編』の2点(「マンガ図書館Z」提供)。1月31日より、レンタルコミックサイト「Renta!」及び「Yahoo! ブックストア」より配信されている。