写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニック ソリューションテクノロジー(以下、パナソニック)とニューロスペースは2月1日、健康経営支援を目的とした睡眠改善ソリューションの共同開発を開始したことを発表した。

具体的には、パナソニックがもつセンサー・インテグレーションやビッグデータ分析、教育ICTの技術と、ニューロスペースの睡眠改善プログラム「Sommnie」とを融合した睡眠改善ソリューションを開発する。

「Sommnie」は、ニューロスペースがもつ睡眠科学技術と、人間の睡眠状態を収集した睡眠ビッグデータにもとづき開発された法人向けプログラム。ニューロスペースが独自に開発した脳波センサーを使うと、睡眠中の脳波の計測結果をもとに、睡眠状態を簡易的に評価できるという。

まずは、ニューロスペースの睡眠改善プログラムをベースにしたeラーニングコンテンツを2017年4月に商品化する。

続いて、パナソニックが着衣型生体センサーで取得したデータとニューロスペースの脳波センサーで取得した睡眠情報を使って、一人ひとりに合った睡眠改善指導を行うコンサルティングサービスなども展開していく予定。

(辻)