© 2016 Konami Digital Entertainment

スマホで遊戯王が遊べるアプリ『遊戯王 デュエルリンクス』。

この記事では、カードトレーダーのラインナップ追加で大幅に強化された「墓守デッキ」を紹介します。

フィ二ッシャー「墓守の審神者」や、下級のエースモンスター「墓守の長槍兵」が短期間で一気に追加されたことで、かなり強いデッキタイプとなりました!

デッキレシピやキーカード、デッキの回し方をチェックしましょう。

墓守デッキのレシピ

今回紹介する墓守デッキのレシピは以下です。

モンスター 12枚

墓守の長槍兵 ×2墓守の暗殺者 ×1墓守の召喚師 ×3墓守の巫女 ×3墓守の審神者 ×2墓守の長 ×1

魔法 5枚

墓守の石板 ×2ワンダー・ワンド ×3

罠 3枚

銀幕の鏡壁 ×2イタクァの暴風 ×1

墓守デッキのキーカード

墓守の審神者

墓守デッキのエースカードです。墓守モンスター1体でアドバンス召喚が可能で、複数の効果から1つ選んで発動できます。

効果は状況に合わせて相手に刺さるモノを選んでください。基本的には、全相手モンスターのステータスを2,000下げる効果を選べば良いです。


墓守の巫女

墓守モンスターのステータスを200アップさせる効果を持っています。自身はそこまでステータスが高くないので、罠カードを使って守りましょう。


墓守の長槍兵

貫通効果を持った、墓守のメインアタッカーとなるカードです。

墓守の巫女やワンダー・ワンドで強化しながら、ゴリゴリ相手フィールドを荒らしましょう。


墓守デッキの回し方

序盤は場面に応じて必要なカードをサーチしながら相手のカードを対処していきましょう。

墓守モンスターがお互いに強化やサーチをし合えるので、柔軟な試合運びが可能です。

攻撃は墓守の長槍兵にワンダー・ワンドを装備させるのがおすすめ。長槍兵と書いてあるのに魔法使い族モンスターなので、攻撃力500アップの恩恵を受けられます。

中盤以降は、墓守の審神者や墓守の長といった上級モンスターを展開し一気に攻めましょう。

銀幕の鏡壁やイタクァの暴風を使えば、簡単に墓守モンスターがフィールドに残った状態でターンが帰ってくるので、アドバンス召喚の難易度は非常に低いですよ!