画像

写真拡大

 アタラの運用型広告レポート作成支援システム「glu」とDomoが提供するビジネス最適化プラットフォーム「Domo」は連携を開始した。

 デジタルマーケティング支援を行うアタラは1月31日、同社の運用型広告レポート作成支援システム「glu(グルー)」とDomoが提供するビジネス最適化プラットフォーム「Domo(ドーモ)」との容易な接続を実現するコネクターの提供を開始した。

 これにより、コーディング不要でDomo内にgluのデータを取り込めるようになった。くわえて、gluで集積した運用型広告データとDomoで集約したさまざまな他システムのデータをもとに、チャネルを横断したマーケティングROIの可視化と最適化がリアルタイムで行える。

 運用型広告データはもちろん、Domo側が他のシステムから取得する純広告やTVCMなどの非運用型広告のデータ、売上や予算データを統合したダッシュボードを用意することができる。

 ダッシュボードを通じて、広告・マーケティングに関わる社内外のステークホルダーが各種KPIやデータを共有し、協業を進められることから、意思決定の迅速化はもちろん、マーケティング活動全体の透明化や迅速な改善アクションの実施に寄与できる。

MarkeZine編集部[著]