和を感じるパッケージも楽しい

写真拡大

日清食品は2017年1月23日、「日清焼そばU.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」を発売した。

和の代表的な素材である梅と昆布を使用。梅こぶ茶の旨みと酸味をベースにごま油の香りをアクセントに加えたソースが特長だ。めんは塩焼そばに合う細めのものを使い、具材には梅フレークが入っている。

わかめスープ投入でさらに食べやすく

ツイッターでは、食べてみた人から

「うめこぶの味が上手く合わさってて普通に美味しい塩焼きそばだった」
「ごま油たっぷりなソースが全体に行き渡り、さっぱりして食べやすい。普通に美味しかったな」
「ベースが塩焼きそばだからか、麺が柔らかい梅スパゲティ食べてるような感じ。普通に美味しい」
「ソースをかき混ぜる時に梅こぶ茶の香りがふわっと。さっぱりした塩焼きそばで食べやすい」

など、高評価が相次いでいる。変わり種カップめんの発売が相次ぐ中、ホッとする味わいが楽しめる仕上がりになっているようだ。

一方、「あっさりすぎ」と感じた人もいる模様。

「塩焼きそばのカップ麺よりもあっさり。さっぱりではなかったかな?もっと梅感欲しかったかなぁ」
「期待してたほどではなかったな。梅味が足りない」

と、梅の風味がもっと欲しいとの声が上がっている。

ごま油のソースには「油っこい」との評価も下されているが、

「自分的にはオイリーでイマイチだったので、わかめスープを薄めてスープソバにしてみた。ら、バッチリ美味しくてあっという間に食べてしまった♪」

とのアレンジレポも。食べてみたら油がキツかった...という人は試してみて。

希望小売価格は180円(税別)。