海外で発売されたケーキだけど日本語で「とうきょうロール」とかかれてる!? 日本人からみるとちょっと斬新なスイーツが海外で大人気です

写真拡大

日本でも一大ブームを巻き起こしたロールケーキが、ただいま韓国でもブレイク中のよう。中でも韓国に数多く店舗を展開しているワールドデザートカフェ「Dessert39」で販売されている、その名も「とうきょうロール」は、ピカイチの人気を誇っているようなんです。

「とうきょうロール」は全部で5種類。オリジナルのほかグリーンティー、ホワイトチョコ、マンゴー、紫いもといった味があるみたい。

【なぜこれが「とうきょう」!?】

ケーキに巻かれたセロハンに日本語で「とうきょうロール」と記されているのがなんとも印象的なビジュアル。「東京」でも「TOKYO」でもなく、「とうきょう」とひらがなで書いてあるのがカワイイけど、一体どのあたりが「とうきょう」なのか。

パッと見ただけでは不明ですが、クリームたっぷりのロールケーキは見るからに美味しそう。公式サイトにはロングセラーという記載もあって、人気のほどがうかがえます。

【どんな味なのでしょう?】

インスタグラムに寄せられた食べた人たちの感想によると、生地はしっとりやわらかで、中に包み込まれたクリームはこれまたふわふわ。「すごく美味しい!」「5種類それぞれクリームの味が異なる」「牛乳の味が効いている」「とろけそう」といった声が寄せられておりましたよ。

【各国をテーマにしたスイーツがずらり】

“ワールドデザート” と謳っているだけあって、こちらのお店には「とうきょうロール」だけでなく、世界各国さまざまな国をフィーチャーしたデザートがあるようです。

たとえばイタリアならミルクレープにティラミス、ベルギーならチョコレートタルト、フランスならマカロン。アメリカならチョコクッキーケーキ、自国韓国ならスイートポテトケーキといった具合に、思わずのどが鳴ってしまうスイーツばかり。ああ、どれにしようか迷っちゃう!

【食べてみたいっ】

数あるメニューの中でもひときわシンプルな「とうきょうロール」ですが、美味しさは折り紙つきのようです。韓国を訪れた際にはトライしてみてはいかがでしょうか♪

参照元:Dessert39公式サイト、Instagram、Instagram/#도쿄롤
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る