現在のMacはIntel製チップを搭載していますが、Appleが同チップの役割の一部を負担する新チップを、自社で開発していることがわかりました。

ARMを基盤とした新チップを開発

Bloombergが関係者から入手した情報によると、Appleが昨年より開発に着手した新チップは、MacBook ProのTouch Barに搭載されているチップに類似したもので、社内では「T310」というコード名で呼ばれているとのことです。T310は、ソフトバンク傘下となったARMの技術を基盤としています。
 
実はAppleはすでにMac向けとしてARMチップを独自に開発しています。その第一号が、昨年リリースされたMacBook ProのTouch Barに搭載されている「T1」チップで、ハードウェアのブートやコントロールのほか、Touch IDセンサーやFaceTimeカメラの制御などの役割を果たしています。

低消費電力モード負担でバッテリー稼働時間を延長

Appleは新開発のチップT310に、内部で「Power Nap」と呼ぶ低消費電力モードを担わせるべく開発を進めている模様です。これはディスプレイがオフになっている状態でも、メールの受信、ソフトウェアアップデートのインストール、カレンダーの同期などが行える機能です。
 
こうした作業を新チップに負担させることで、バッテリー稼働時間の延長が期待できるようです。
 
早ければ今年後半のリリースが期待される次期MacBook Proに、この新開発のT310チップが搭載されるとBloombergが伝えています。
 
 
Source:Bloomberg
(lunatic)