トヨタ自動車社(以下トヨタ)は一昨年、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表しました。

2010年比で新車のCO2排出量90%削減を目標に、様々な活動に取り組んでおり、今後も水素社会の実現に向けた活動を推進していくとしています。

1

1月18日にはスイスのダボスで、エネルギー&自動車業界13社で構成する水素社会実現に向けた世界規模の水素協議会「ハイドロゲン カウンシル」を発足させ、今年の5月からは、アラブ首長国連邦(UAE)がゼロ・エミッションを目指して建設を進めている環境未来都市「マスダールシティ」で、FCV「MIRAI」による水素供給インフラの実証実験を開始するそうです。

一方、同社は「トヨタ環境チャレンジ2050」の一つとして「工場CO2ゼロチャレンジ」の実現に向け、工場での水素利用を目指して水素エネルギー活用技術の開発・導入を推進しています。

2020年を目処に再生可能エネルギーで生成した水素を工場に供給し、空調や部品運搬用のフォークリフトのエネルギー源として活用するなど、工場内での水素の本格利用を予定しているようです。

そうしたなか、同社は1月31日、水素で走る燃料電池車「MIRAI」を生産している愛知県豊田市の元町工場に豊田自動織機製の燃料電池(FC)フォークリフトを2台導入、利用を開始したと発表しました。

今回導入したFCフォークリフトは、環境省・国土交通省連携事業である「水素社会実現に向けた産業車両の燃料電池化促進事業」を活用して導入したそうです。

フォークリフトは工場内での利用数や稼働率が大変高いことから、世界的にも環境対策の対象として注目されており、中でもFCフォークリフトに注目が集まっています。

水素を燃料とするFCフォークリフトは、稼動時にCO2や環境負荷物質を排出しないことに加え、3分程度で燃料をクイックチャージできるなど、高い利便性を備えており、外部給電機能により災害などの非常時に電源としても活用が可能。

トヨタでは工場でのCO2排出量削減に向け、現在工場内で多数使用しているエンジン式のフォークリフトをFCフォークリフトに置き換えていくそうで、まずは元町工場において、2017年に2台、2018年に20台程度導入し、その後、2020年頃までに170〜180台程度の導入を目指していく模様。

今後は再生可能エネルギー由来の水素を工場内に一旦ストック、電気に戻して車両の生産工程に活用するなど、工場からのCO2排出を抜本的に削減する計画も進んでいるようで、水素で先行する同社の今後の取組みが注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

トヨタが「カナダ」と「UAE」でFCV普及活動を展開!
http://clicccar.com/2017/01/22/438998/

トヨタが水素利用の積極推進で世界規模の協議会を発足!
http://clicccar.com/2017/01/21/438680/

トヨタ自動車が「環境ブランド調査2016」で首位を獲得!
http://clicccar.com/2016/07/15/384761/

トヨタ自動車、太陽光で製造する「CO2フリー」水素の実証試験へ!
http://clicccar.com/2016/07/04/383345/

トヨタが2020年に水素でFCVを生産!年内に実証実検へ
http://clicccar.com/2016/02/11/353500/

工場内からCO2を一掃!トヨタ自動車がFCフォークリフトを大量導入へ(http://clicccar.com/2017/02/02/441955/)