トム・ハンクスとは
「クラウド アトラス」で共演 (C) 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「クラウド アトラス」のトム・ティクバ監督が、トム・ハンクスと再タッグを組んだ「王様のためのホログラム」の本編映像が、公開された。「クラウド アトラス」や「007」シリーズで知られるベン・ウィショーの出演シーンを切り取っている。

 ハンクスとエマ・ワトソンが共演する「ザ・サークル(原題)」の原作や、「かいじゅうたちのいるところ」の脚本も手がけたデイブ・エッガースの人気小説を映画化。大手自動車メーカーの取締役を解任され、IT企業で再出発をはかる会社員アラン(ハンクス)がサウジアラビアに飛び、国王に画期的なテレビ会議システム「3Dホログラム」をプレゼンするために異国の地で奮闘するさまを描く。

 「パフューム ある人殺しの物語」「ザ・バンク 堕ちた巨像」「クラウド アトラス」とティクバ監督作品に多数出演するウィショーは、アランのチームが3Dホログラムのプレゼン準備を行う重要シーンで登場。3Dホログラムの高い性能を紹介する人物として現れ、「君の美しい顔」と通信相手の顔を触ろうとしたり、ボールを投げるなどコミカルな演技を披露している。映像は、動作確認が取れたことでほっとした表情を浮かべるアランと、初めて見る最新技術に目を丸くする現地の人々のギャップが笑いを誘う仕上がりになっている。

 「王様のためのホログラム」は、2月10日から全国公開。