2月3日(金)の「アイドルお宝くじ」に出演するつりびっと・竹内夏紀、安藤咲桜、聞間彩、長谷川瑞、小西杏優(左から)

写真拡大

2月3日(金)に放送される「アイドルお宝くじ」(テレビ朝日ほか)に出演する5人組アイドルユニット・つりビットにインタビューを行った。

【写真を見る】衣装の制服に身を包んだつりビットが“お宝くじ”のファンを釣り上げる!?

今回は普段ナレーションを担当している、世界的ヘビーメタルバンド・Megadethの元ギタリストで、アイドル通のマーティ・フリードマンが、お気に入りのアイドルを選ぶ“マーティセレクションしNIGHT”というテーマ。

そこで、マーティが「とにかく好きで大ファン!」だというつりビットの長谷川瑞、竹内夏紀、安藤咲桜、聞間彩、小西杏優の5人に番組の見どころや、サブMCにも挑戦した聞間の進行ぶりについて聞いた。

――あらためて「アイドルお宝くじ」に出演された感想を教えてください。

小西:今回は戦いじゃありませんでしたね(笑)。終始和やかで、ファンの方にも楽しんでいただけたと思うし、つりビット自体を知らない方もいらっしゃったんじゃないかなと思うのですが、そういう方にも新曲を聴いていただけてすごくうれしかったです。

長谷川:今回は勝負じゃなかったのと、「アイドルお宝くじ」さんのスタジオ収録に出るのも久々だったので、ドキドキしていたんです。でも、お客さんがすごく温かかったので、うれしかったです。

聞間:そうですね。戦う回じゃなかったので、不思議な気持ちでステージに立ちました。でも、皆さん本当に盛り上がってくださったので、いつも通り安心してライブができました。

安藤:いつものバチバチした感じじゃなくて、これからテレビの本番!という普通の緊張感だったんですけど、他の出演者さんは曲調が全然つりビットと違っていたので横で見ていて面白かったですし、皆さん格好いいなって思いました。

お客さんに私たちの歌を受け入れてもらえるかが不安だったんですけど、すごく盛り上がってくださって、皆さん笑顔で拍手してくださったので、すごく楽しい収録になりました。

竹内:見てくださった方は本当に温かくて、普通のライブのように声を出してくださったりしたので、うれしかったです。あとは、つりビットの新曲「My Victory」や、最近つりビットがチャレンジしている、格好良くておしゃれな曲調の「妄想フィッシング学園」の2曲を届けられました。

この2曲は視聴者の方にも、後でCDで聴いてみたいと思っていただけるくらいのいい曲なので、それをこうやってテレビでできたのがうれしかったですね。あとは衣装も注目ポイントなので、そこも見てほしいです!

――今回は聞間さんがサブMCをされていましたが、ご自身で振り返っていかがでしたか?

聞間:緊張し過ぎて…ガチガチでした。進行に集中してしまって、笑顔すらも忘れちゃうくらい(笑)。ずっとガチガチだったので、つりビットのみんなが出てきたときは安心して、みんなに任せちゃいました(笑)。

一同:(笑)。

――メンバーの皆さんから見ていかがでしたか?

長谷川:うわ〜緊張しているなあ〜!って思いました(笑)。

竹内:つりビットの5人がそろったときは他の子がMCをやるんですよ。

安藤:うん、(聞間に)MCのイメージはないよね。

竹内:そう、終始ニコニコしている役という感じなので(笑)。

小西:存在感だけでいい!みたいな(笑)。

竹内:だから進行しているのを見るのは、私たちも新鮮だったよね!

長谷川:そうそう! 今度ライブでもやってもらおうかな(笑)。

竹内:うん。すごくしっかりやっていたと思うし、だからいつもできるんじゃん! 隠してたんじゃん!って、私は思いました(笑)。

安藤:うちの聞間はできる子ですから。

聞間:(照れながら変顔)。

竹内:いつもはこういう感じなんですけどね、やる時はやるんだなと思いました。

――アイドルオタクの安藤さん的には悔しかったんじゃないですか?

安藤:いや〜…そうですね! 彩ちゃんがかんだとき、あゆみくりかまきさんに「かわいい!」って言ってもらっていて…。「うらやましいなあ…アイドルに『かわいい』って言ってもらっているよ!」って、ちょっとうらやましかったです!(笑)

聞間:ごめんね…(笑)。

安藤:アイドルさんと同じ空気を吸って、同じステージに立って、会話していたんだからね。それにくりかちゃんと会話して…。

長谷川:すみません! 本当にオタクなんでこの辺でこの話は終わりましょう(笑)。

安藤:はい。止まりませんよ(笑)。

――そうですね!(笑) では、今回披露された曲のアピールポイントは?

長谷川:「My Victory」は2月26日(日)に私たちが開催する東京・赤坂BLITZのワンマンライブに向けて、「頑張るぞ!」という思いを込めた曲なんですけど、この曲を聴いたときにすごく背中を押された気がしたんです。

なので、聴いてくださる方の背中を押してあげられる曲になったらいいなと思います。これからどんどん精度を上げていって、ライブでもたくさんの方に勇気を与えられるような曲になればいいですね!

小西:「My Victory」は、文字通りVictoryなので、振り付けでも手でVを表しているところがあります。そういう振り付けもすごく曲に合っているなと。私たちって激しいダンスナンバーはあまりないんですけど、この曲はバリバリ踊っていてすごくすてきな曲なので、パフォーマンスにも注目してほしいです。

――マーティさんもノリノリでしたよね。もう1曲の「妄想フィッシング学園」はどうでしょうか?

安藤:瑞ちゃんがセンターの曲で、毎年釣りの成績で1位になった子が釣りにまつわる歌でセンターを務める、“釣りセンター”の楽曲です。今までにないくらいおしゃれで格好いい曲になっています。これもダンスを魅せる曲になっていますね。

竹内:そうですね。おしゃれな曲ですし、歌詞が不思議な感じになっていて、メロディーと歌詞の違いもそうですし、ある意味アンバランスなのになぜかマッチしちゃっているというのが面白いんです! 

授業が釣りのことばかりというフィッシング学園があって、私たちはその学園に通っているという設定なんです。

安藤:釣りの成績でいろいろ決まる学園ですね。

竹内:そういう不思議な世界観もありまして、歌詞もじっくり聴いてもらえると、よりつりビットの面白さが分かると思います。

――では、聞間さん。今回はマーティさんセレクションの歌なので、マーティさんに選ばれた感想をお願いします。

聞間:あ、うれしいです(笑)。

――えっ…それだけ?(笑)

一同:(爆笑)。

聞間:あ、でも、選んでもらえたことは本当にうれしかったんです。たくさんのアイドルがいる中でのたった数組だったので、本当に光栄だし、自信がつきました。これからももっといいパフォーマンスを皆さんにお届けできるように頑張りたいとと思います。

――そして2月といえばバレンタインがあります。それぞれのバレンタインソングや“冬の神曲”を教えてください。

小西:ば、バレンタインソング…?

長谷川:何でもいいんですか?

安藤:何だろう〜!

竹内:つりビットにはバレンタインの曲があるんだよね。

一同:あるある!

竹内:「恋のマジカル…」なんだっけ(笑)。

安藤:自分たちの曲のタイトル忘れちゃ駄目でしょ(笑)。

長谷川:マジカルスイーツね。

竹内:そう!「恋のマジカルスイーツ〜あなたの恋を叶えます〜」という曲がありまして、それがつりビットのバレンタインソングというか、ホワイトデーソングなんです。

いいんだよね! あの曲! 最後のサビに向けての部分で、「好きだ!」ってせりふに入っているんですよ! 萌えますよね〜!

長谷川:ライブではね、メンバーがランダムで「好きだ!」の部分を言っているんです。

安藤:ちなみにCDでは瑞ちゃんが歌っています。

長谷川:そう〜! なのでライブでこの曲が始まったら、今日は誰が好きだ!って言うのかなって楽しみにしていただけたらうれしいよね。

竹内:“推しメンバー”がきたら「よし!」ってなるからね。つりビットの曲ですが、それが神曲ですよ。よし、さ〜皆さんどうぞ!

竹内以外:え〜! ズルい!

竹内:いやいや、だって愛がすごいからね! つりビットへの(笑)。ほら、みんな早く言いなさい!

長谷川:何だよ〜!(笑)

安藤:あ、今一番パッと出てきたのが、SCANDALさんの「Winter Story」という曲です。すっごくいい曲なんですよ! ロマンチックな曲で「明日が来るとは限らないから少しだけ長く抱きついてみたんだ」という胸キュンな歌詞があって、それにもう世の女性どもはキュンキュンしています。

――女性どもって…(笑)。

安藤:すみません!(笑) 女性たちはキュンキュンしていますし、私はSCANDALさんがすごく好きなのですが、その中でも「冬と言えば!」と考えたとき、その曲が最初に出てきました。

長谷川:私は「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」というアニメのキャラクターソングなんですけど、キャンディアイランドというユニットが歌っている「Happy×2 Days」という曲があって、その曲が甘いお菓子みたいな感じの曲になっていて、バレンタインっぽいなと思っていて、私は好きです。

小西:どうしよう、何も思い付かない(笑)。

聞間:うん…。ヤバイ!

安藤:何でもいいのよ? つりビットにも「ウロコ雲とオリオン座」とかあるし、何か浮かんだやつないの?

小西:じゃあ、冬っぽくないやつでもいいですか? 大原櫻子さんの「無敵のガールフレンド」という曲は、女の子が好きな男の子のために、一生懸命頑張るっていう曲なんです。頑張って眼鏡を外してコンタクトにしたり、何か作ってあげたり…という。バレンタインも男の子に振り向いてもらいたくて頑張るじゃないですか。だから合っているかなって思いました!

小西以外:(拍手)。さすが最年少! あゆちゃんすごい!

聞間:えっと、私はつりビットの「ウロコ雲とオリオン座」っていう曲です!(笑)

聞間以外:お〜い!(笑)

――あれ? さっきどこかで聞いたような…(笑)。

聞間:(笑)。つりビットの冬の曲なんですけど、ウロコ雲とオリオン座の下で恋をしている男女の恋を描いた曲で、歌詞だけでもすごくキュンキュンするんですけど、振り付けもかわいらしい動きが結構取り入れられているので、ライブなどでも見ていただけたらいいなと思います。

あと、振り付けでオリオン座を描くので、そういうところもチェックしてみてもらいたいです。

――最後にリーダーの長谷川さん、代表して2017年の目標をお願いします。

長谷川:まずは2月26日の赤坂BLITZワンマンを無事に成功させて、それを成功させたら勢いに乗って、そのままどんどん飛躍する年になっていけたらいいなと思っています。つりビットと聞いたら、「あ、知ってる〜!」ってたくさんの人に言ってもらえる存在になれたらうれしいですし、私たちの曲を聴いて、たくさんの方を元気にできたらいいなと思います!