ギズモード・ジャパンより転載:Google Docsとどっちが使いやすいかな?

オンラインでのドキュメント共同編集ツールといえば、Google Docsがデファクトスタンダード...と思いきや、なんとDropboxからもオンラインでのドキュメント共同編集ツール「Dropbox Paper」が一般公開されました!

170201_gizmodo_mediagene2.jpg


Dropbox Paperの使い方はGoogle Docsを想像するとわかりやすいのですが、まずは基本となるドキュメントの共同編集機能を見ていきましょう。Dropbox Paperでは画像をふんだんに取り入れたグラフィカルなドキュメントが作成でき、パソコンだけでなくスマートフォンからも閲覧できます。

ドキュメントにはコメントの添付のほか、仲間とチャットをしながらの共同編集も可能。また絵文字の送信もできます。さらに、音楽や動画の貼り付けもできるので、なんだかHTMLのホームページを共同で編集しているようですね。

もちろん、Dropboxとの連携もできます。DropboxからDropbox Paperにファイルを追加したり、逆にDropbox Paper上での変更もDropboxへと反映されるんです。さらに内容の履歴の通知があったり、プレゼンテーションが作れたりとなんでも親切設計。あ、これ使ってみたいかも。


170201_gizmodo_mediagene3.jpg


またPaperにはタスク機能も搭載されており、担当者や締切を簡単かつグラフィカルに管理することができます。このタスク機能からは通知を飛ばしたり、さらにGoogleカレンダーとの同期も可能です。また、将来的にはドキュメントを整理するプロジェクト機能(現在はベータ版)も実装される予定です。

このように、あれこれと使いたい機能を一箇所にキレイにまとめた印象のあるDropbox Paper。後発のツールだけあって、Google Docsよりも使い勝手は良さそうな印象です。オンラインストレージサービスで名を馳せたDropboxがドキュメント共同編集ツールでどこまで戦っていけるのか、注目ですね!


source: Dropbox

(塚本直樹)
Photo by shutterstock.