1906年に韓国統監府が設置されて111年目にあたる2月1日、北朝鮮の各紙が「日帝の罪悪を暴く日本研究所研究員らの論説と記事」を掲載したと朝鮮中央通信が報じた。

同通信によると、日本研究所研究員のラ・ミョンソン氏は労働新聞に掲載した論説で、「日帝の『統監府』設置と『統監』統治は本質上、朝鮮の自主権と尊厳を乱暴に蹂躙、抹殺し、全域に対する植民地支配を実施するためであった」と指摘。

また、「日帝が設置した『統監府』を通じて分かるように当時、わが国の最高統治者は朝鮮封建政府の皇帝ではなく日本の『統監』であり、統治機構は朝鮮封建政府ではなく日本の『統監府』であった」と主張した。

同研究所研究員のキム・ホンフィ氏も民主朝鮮紙に掲載した記事で、「日帝が『統監統治』を実施しながら膨大な侵略軍を駐屯させて朝鮮を軍事的占領地帯に転変させた。野蛮な憲兵警察制度を樹立していささかの反日的要所も無慈悲に弾圧した」と糾弾した。