トランプ産業政策の問題点はデトロイト都市圏を見ればわかる

写真拡大

1980年代のデトロイトは
廃墟のようだった

 ラストベルトにあるクリーブランドやピッツバーグが復活していると、前回述べた。

 では、デトロイトはどうだろうか? 再びグーグル・ストリートビューで見ることにしよう。

 ここは、都心部の様子だ。

 https://www.google.co.jp/maps/@42.3337977,-83.0432653,3a,75y,173.49h,87.85t/data=!3m6!1e1!3m4!1sNqAAz8-HTyUGUDBTBq1O_w!2e0!7i13312!8i6656?hl=ja

 遠くに、GM本社が入っている現代的な建築群ルネッサンスセンターが見える。しかし、近景は、古い建物と駐車場だ。デトロイトは、クリーブランドやピッツバーグとはだいぶ様子が違うことが分かる。

 1980年代には、この写真に見るように、もっとひどかった。

 https://goo.gl/3qee5e

 この頃、私はデトロイトを訪れたことがある。GM本社がルネッサンスセンターに移転する前で、そこまでの道筋は、この写真よりひどく、爆撃の後のようだった。廃墟のような瓦礫の中をクルマで走ったことを覚えている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)