平井堅が'16年に開催したクリスマスライブをノーカットで放送

写真拡大

平井堅が’16年12月24日に大阪城ホールで開催したクリスマスライブ「Ken's Bar 2016 X'mas Eve Special !!」を全曲ノーカットでWOWOWが放送する。

第1部は白のロングコートで登場

このライブは’98年に始まって以来、19年連続で開かれている、平井のライフワークともいえるイベント。オリジナル曲はもちろん、カバーソングやクリスマスナンバーをアコースティック編成で披露する。また、リラックスした空間の中で楽しむ“大人のライブ”が一貫したコンセプトで、「Ken’s Bar」の名の通り、ステージ上にはバーのようなソファーや酒のボトルが並ぶのが特徴。

今回のステージは、ワム!の代表曲「Last Christmas」からスタート。「Ken’s Barへようこそ。“ケンタクロース”からハートのど真ん中に歌のプレゼントを贈りたい」とあいさつした平井は、2曲目になんときゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」という予想外の楽曲を選択。その後、ステージはオリジナルソングの「哀歌(エレジー)」へと続く。

また、観客からのリクエストコーナーが「Ken’s Bar」の恒例だが、今回は「桔梗が丘」「いとしき日々よ」のリクエストが。ほか、「魔法って言っていいかな?」などを歌い上げ第1部は終了した。

バンド編成で行われた第2部では、西田敏行の「もしもピアノが弾けたなら」、西野カナの「Darling」など往年のラブソングや女性J-POP歌手の楽曲まで幅広いラインナップを。どの曲も、平井の個性がにじみ出た「平井堅の歌」になっている。さらに、オリジナル曲「告白」「ソレデモシタイ」、3月1日(水)にリリースされる新曲「僕の心をつくってよ」などアンコールも含め全17曲を披露し、ステージは終了した。

約1万人のファンが会場に詰めかけたこの公演。ノーカットでの放送は“ケンタクロース”からの少し遅れて届いたプレゼントになりそうだ。