ジュビロ磐田は1日、東海大熊本と鹿児島県立鴨池補助競技場で練習試合(30分×4)を行い、7-1で勝利した。

 1本目の9分に先制弾を浴びた磐田だったが、同18分にFW齊藤和樹が同点弾を決める。1本目を1-1で終えると、2本目は攻撃陣が爆発。新加入のFW川又堅碁の2得点などによって、4得点を挙げた。

 3本目と4本目はそれぞれFW小川航基の得点によって、1-0で勝利。4戦合計7得点を決めて、攻守に仕上がりの良さをアピールした。

 磐田はこの後、5日から始まるDAZNニューイヤー杯の鹿児島ラウンドに参戦。5日の初戦は熊本と対戦する。


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合