Appleが、AirPodsの発売後初となるファームウェアアップデートを配信しました。バグの修正が目的と見られていますが、具体的な内容は明かされていません。

ファームウェアは自動でダウンロード・インストール

AirPodsのファームウェアアップデートは、iPhoneなどペアリングされた端末がWi-Fi接続状態で自動的にダウンロードされ、AirPodsが収まった充電ケースが電源に接続され、iPhoneとの距離が近い状態で自動インストールされるため、ユーザーは操作する必要がありません。
 
AirPods ファームウェア
 
ファームウェアのバージョンは、AirPodsを接続したiPhoneの設定アプリから、「一般」>「情報」の画面下にある「AirPods」のメニューから確認可能です。「ファームウェアのバージョン」に3.5.1と表示されていれば、最新版が適用されています。
 
米メディアAppleInsiderがAppleから得た情報によると、今回のアップデートは「雑多で軽微なバグ修正」とのことで、一部のユーザーが発生を報告しているバッテリー消費問題や、通話中の接続切断問題が解決しているかは確認されていません。

安定した接続と十分な音質で満足度の高いAirPods

筆者は発売直後にAirPodsを購入、iPhone7 Plusと組み合わせて毎日使っていますが、Appleが開発したW1チップの効果による一瞬で終わるペアリング、そして安定した接続、普段使いに十分な音質で、満足して使うことができています。
 
耳につけている時に落とす経験はしていませんが、充電ケースから取り出す時に落としそうになることはありました。この問題も、解決策の動画が公開されて以降は安定して持てるようになり、助かっています。
 
最近は、AirPodsの充電ケースをキーリングやベルトループなどに通して、快適に持ち歩けるケース等のアクセサリも充実してきています。

 
 
Source:AppleInsider
(hato)