ふたりの仲さえよければラブライフも充実とは言えないのが、恋愛の悩ましいところ。ロマンティックに彼とベッドインしても、頭のなかでいろんな考えがぐるぐる回って集中できない……なんてことありませんか? でもそれはあなただけではありません!
ではみんなどんなことが頭をよぎっているのでしょう?

セックスの最中に女子の頭をよぎること7つ

今回はそんな疑問に答えるべく、リサーチしてみました! みんなこんなことを考えているんだと思うと、セックスに100%集中するって実はかなり難しいことなんだという気がしてきませんか??

1:「せっかく気合い入れて高いランジェリー買ったのに、彼ったら全然気づいてない!」

女子としては気合を入れて勝負下着をつけているのに、彼ったら黙々と脱がせるばかりで興味を見せる素振りも全然ない……高かったのにー!! と始まる前からすでに怒りモードになっていることも。どうして男って、こういうことに疎いのでしょうか。

2:「ひょっとして彼、私にゴムをつけてもらいたがってる??」

“そろそろ”というときに彼がなにかを待っている様子、ひょっとして私にコンドームをつけろってこと? そんな考えがよぎると、せっかく盛り上がっていたセクシー気分が一気に萎えてしまいそう……。性教育の授業中じゃあるまいし……なんて思い始めると、気分もしらけて台無しに。

3:「うわっ、彼って女の扱いにすごく慣れてる感じ。一体誰に教わったの??」

彼が慣れていない様子でぎこちないのも不安ですが、遊び人風というわけでもないのに、ベッドインするやいなや、見事なリードで女の扱いに慣れている感じだとそれはそれでなんだか不安。「前の彼女とはどうだったんだろう?」なんて妄想や疑問が頭いっぱいに膨らんできて、彼とのセックスに集中できなくなってしまいます。

4:「ちがう、ちがう、そこじゃないんだけどなぁ……」

フォアプレイであなたを悦ばせようと一生懸命な彼、でも、でもなんだか違う、そこじゃない、ズレてる……と心のなかでは大声で叫びたい気分。でももちろん叫べない……という状況はじつはそれなりにストレスがたまります。彼の頑張りが伝わってくるだけに、ここはなんとか演技で切り抜けようと考えているのです。

5:「あれっ、今ケータイ鳴らなかったっけ? 私のかな? 気になるーー」

せっかくの愛の営みの最中に、ムードを台無しにするようなケータイの着信音。電源をオフにしていたつもりでも忘れていることだってあります。でもそれが仕事がらみかもしれない、なんて思い出すと、気になって仕方がないー!! ということに。そんな状態でセックスなんか楽しめるはずもなく、なんだかすべてが中途半端な感じだけが残ってしまいます。

6:「ちがう、まだ終わりじゃない、終わりじゃない、終わらないでー!!」

自分はまだまだこれから……という気分なのに、なんだか彼はすっかりイッてしまいそうな気配。「え、ちょっと待って! まさかこれで終わりじゃないよね!?」なんて言葉がつい喉の奥から出てしまいそうですが、そんな気持ちも空しく彼はフィニッシュ。満足げに横たわる彼の横で、優しく無言で微笑みながら、心のなかでは悪態をついている、なんてこともあるのです。

7:「え、なにもう寝てんの??」

いろんなことを乗り越え(?)、さあ余韻を楽しむべく、彼の温かい腕に包まれたい……なんて乙女の甘い願望を打ち壊すかの如く、さっそく寝息を立てている彼。なんでそんなにすぐ寝落ちできるのか、不思議でたまりません。ベッドでの甘いピロートークなんて夢のまた夢……でもこれが現実の姿なんです。

いかがですか? ベッドのなかでも実は女子の心はフル稼働でいろんなことが頭に浮かんでは消えてきているのです。男子の皆さんにはちょっと怖いかもしれませんが、男と女ってじつはこんなものかもしれません。