取り組みの概略図 (ソニー損害保険の発表資料より)

写真拡大

 ソニー損害保険とヤフーは1日、Yahoo!JAPANが提供するスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」から得られる運転特性データを活用し、新しいテレマティクス保険商品や関連サービスの開発に向けた共同研究を開始すると発表した。

 テレマティクスとは自動車などの移動体に携帯電話やカーナビなどの通信システムを利用してサービスを提供することをさし、テレマティクス保険は、このテレマティクスを用いて、走行距離や運転特性など、運転者個別の運転情報に基づいて保険料を算出している。通常は、保険会社が専用の通信端末を契約者の車両に設置し、データの取得・分析を行っている。

 ソニー損保では今回の共同開発により、保険契約者の一部に研究への協力を求め、参加同意を得た上で、2017年春から約1年間の予定でモニターテストを実施。テスト協力者が使用する「Yahoo!カーナビ」で計測された走行速度、急加速、急減速などの運転特性データを、テレマティクス保険のひとつで、「Pay How You Drive(PHYD)型」と呼ばれている運転行動連動型の保険商品開発のためのに活用する予定だ。

 ヤフーは、「Yahoo!カーナビ」を通じて、目的地へのナビゲーションだけでなく、ドライバーの安全運転意識や運転の利便性を高めるためのサービスを提供。「Yahoo!カーナビ」と親和性の高い各領域のパートナー企業との連携を行うカーテレマティクス事業「Yahoo!カーナビ プラス」構想を掲げており、かねてよりドライバーの安全運転行動に直結する自動車保険分野との連携を検討していた。