今日からできる、いつものコーデに新鮮味をプラスする着こなし術 #おしゃれのおさらい

写真拡大

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。
ファッションに対して、気が抜けがちな2月。冬服に飽きてきた気持ちと、とにかく寒い! というのが合わさり、ついつい適当になってしまいます。今回は、手持ちのアイテムでいつものコーディネートに変化をつけ、新鮮味をプラスする方法を考えてみます。
ニットの着こなし方を変えてみる
みなさんは、いつもニットをどんな風に着こなしていますか?
1枚完結の着こなしをしている場合、襟元や裾、袖口からシャツやカットソーをのぞかせることで印象は随分変わります。
たとえば、クルーネックの白のTシャツを襟元から覗かせ、メンズっぽい雰囲気に寄せてみたり、ボーダーのタンクトップやカットソーを裾や袖口から覗かせ、少しエッジを効かせたり、襟元、袖口からシャツを覗かせ、コンサバティブな雰囲気を楽しんだり。
もちろん逆もあり。いつもなにかしらを覗かせている人は、1枚完結の着こなしをしてみてください。特にネック周り。露出が多くなることで、女性らしさがアップします。
白のTシャツなどを覗かせ、少しカジュアルな雰囲気になると、顔との違和感が出てしまう大人の女性は多いはず。そんなときはメガネの出番です。今の流れに沿ったメガネたちは、カジュアルさと大人の女性の持つ雰囲気を上手く馴染ませてくれるはずです。
シューズを変えてみる
合わせるシューズを変えるだけで、コーディネートの作り上げる雰囲気は大きく変わります。

パンプスのコンサバティブなスタイル
→ ローファーやレースアップシューズを合わせ、少しトラディショナルな雰囲気に。
パンツ+ブーティのスタイリッシュなスタイル
→ ソックス+パンプスに変えて、少し柔らかく。

フラットシューズをヒールシューズに変え、コーディネートをピリッと絞めたり、その逆、ヒールシューズをフラットシューズに変え、リラックス感をプラスしたり。靴を変えることで、ボトムスの丈感や、トップスとのバランスの正解は変化してきます。きちんと整えてあげることもお忘れなく。
ボトムスを変えてみる
いつもパンツに合わせているトップスを、スカートに合わせてみるのはどうでしょう?
数年前まで、ゆったりシルエットのトップスは、細身のパンツ用のトップスという考えでしたが、前を少し引っ掛ける着こなしが当たり前となった今、スカートに合わせてもバランスが取れるようになりました。
第一歩として試しやすいのは、ボリュームの出ないタイトスカートやプリーツスカート+ハイゲージのゆったりニット。前だけ少しウエストにインして、バランスを整えてみてください。袖もきゅきゅっと少し上げてあげると、おしゃれ感は増すはず。
その逆、スカート用と考えられてきたコンパクトなサイズ感のトップスも、今のファッションの中心にいる、ガウチョパンツなどボリュームのあるパンツとなら合わせられます。
一度頭の中をリセットし、コーディネートを考え直してみるのも、きっとおもしろいはずですよ。
服と靴のお手入れし、きちんと着こなす
これは着こなしの話ではありませんが、ここまで着てきた冬服たちを、ちゃんとお手入れし、きれいにしてあげるだけでも、きっと気分は変わります。
ニットだけではなく、コートやジャケット、パンツやスカートにも毛玉は出来てしまいます。出掛ける前に、とりあえずで、ぱぱっと取るのではなく、じっくりと毛玉取り、きれいにしてあげてみてください。
ついつい忘れがちですが、コートにアイロンやスチームを掛け、肘を曲げたときにできるシワや、裾の方にできる座りジワを取りましょう。自宅でかけるスチームでも、生地のふわっと感も少し戻ってくるはずです。
他にも、スウェードのブーティーにブラシを掛ける。レザーシューズを磨く。ヒールのお直しに出す。など、「あともう少しよろしくお願いします」の気持ちでお手入れし、残り少なくなってきた冬を、気持ちよく過ごしてくださいね。

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい
#24 賢くおしゃれに暖かく。見せないインナーの選び方
#23 スタイリスト直伝、セールで失敗しないためのポイント3つ
#22 大人素材でワンランクアップを目指す
#21 バッグと靴は同じ色ならOK...ではない!?

イラスト/米山夏子