MakeUseOf:もう耳にタコができるほど聞いたとは思いますが、、アンチウィルスソフトでパソコンを守ることは必要です。Macでも、Windowsでも、Linuxでも必要です。最近のアンチウィルスソフトは、ダウンロードしてインストールすれば簡単に稼働させられるので、ほとんど何もする必要がありません。それに無料のものもあります。

まだアンチウィルスソフトを入れていないという人は、これから紹介する10のソフトのうちどれかを手に入れて、今すぐパソコンを守りましょう。

無料のアンチウィルスソフトに関する注意


これから紹介するアンチウィルスソフトの会社はどれもお金を稼ごうとしています。アンチウィルスソフトの無料配布ではお金は稼げません。したがって、知っておいた方がいいことがいくつかあります。例えば、このような会社は有料のソフトにアップグレードさせようとすることが多いです。アップグレードを勧める、ポップアップ画面やメールを目にすることになるでしょう。これが無料ソフトの対価の1つです。

さらに狡猾なことに、無料のツールバーやブラウザの拡張機能をインストールさせようとするものもあります。これはやらない方がいいです。ブラウザのツールバーは最悪で、普通はあなたの情報を集めて売るだけで、ブラウジングが遅くなります。

これから紹介するアプリをダウンロードしてインストールする時は目を光らせて、時々アップグレードを勧めてこないか注意はしておきましょう。


Avira (Windows, Mac)


常に安定したパフォーマンスで使いやすいツールだと評判の「Avira」はかなりおすすめです。「AV-Comparatives」によるアンチウィルステストでは、プロ版が99.9%の保護率でした。無料版にも同様のパワーがあります。

スケジューリングのオプションがとても直感的で、1週間にスキャンさせる回数を決められます。毎日のクイックスキャンや、毎週のフルスキャンを設定することもできます。リアルタイムの保護と組み合わせれば、あらゆるものからパソコンを守ることができます。

【ダウンロード】Avira(Windows版)
【ダウンロード】Avira(Mac版)


Bitdefender (Windows)


プロ版が99.9%の保護率だったもう1つのアンチウィルスソフト「Bitdefender」の無料版は、出回っているほぼすべてのマルウェアから守ることができます。フィッシング対策や詐欺対策の機能もあるので、さらにセキュリティを保つことができます。

シンプルなインターフェイスはオプションで迷うこともなく、自動化されているので積極的に管理する必要もありません。また、リソースを食うアンチウィルスソフトもある中で、システムへの負荷が軽くなるように設計されているのもうれしいところです。

【ダウンロード】Bitdefender(Windows版)


Avast (Windows, Mac)


『Avast』は他のソフトに比べると少し保護率は落ちますが、99.6%と非常に高い値です。また、比較的リソースも使わないので、パソコンが著しく遅くなるうようなことはないでしょう。

シンプルで使いやすいインターフェイスなので、設定をするのに説明書などは必要ありません。保護率が少し低いですが、無料のアンチウィルスソフトを探している人にはAvastは手堅い選択です。最も人気のあるソフトの1つなのも納得です。

【ダウンロード】Avast(Windows版)
【ダウンロード】Avast(Mac版)


AVG (Windows, Mac)


長い間ずっと人気がある無料アンチウィルスソフトの「AVG」は、保護率(99.6%)もシステムリソースの使用率(ソフトの重さ)もどちらも上位です。今では、システムのクリーンアップや、携帯電話のアンチウィルスなど、不要なものも提供していますが、主力製品はいまでもベストアプリの1つです。

AVGは、画面にしつこく出る表示が嫌がられていますが、時々出てくるアップグレードの金額は、堅実なアンチウィルスのパフォーマンスに対して支払うなら、安いものだとわかっている人も多いです。

【ダウンロード】AVG(Windows版)
【ダウンロード】AVG(Mac版)


Lavasoft Ad-Aware Free (Windows)


Ad-Awareの「Lavasoft」のプロ版は、最近のテストで保護率が99.3%で、堅実な選択肢の1つになっています。このプロ版は、他のアンチウイルスソフトよりもリソースを多く使う傾向にありましたが、それでもWindowsユーザーにはとてもおすすめです。アドウェア対策やスパイウェア対策の機能に力を入れているのが特に良いです。

無料のアンチウイルスソフトを使うのは誰にでもできますが、Ad-Awareの有料版の価格はさまざまで、かなりお手頃なものもあるので、十分に機能が揃ったものにアップグレードしたい人は、Lavasoftを使っていると楽です。

【ダウンロード】Ad-Aware Free(Windows版)


eScan Anti-Virus Toolkit (Windows)


このツールは、インストールする必要がないという点で、他のソフトとは違います。ただダウンロードして起動するだけでいいのです。つまり、USBドライブから起動させたり、他のアンチウイルスソフトを起動させていても使うことができます。

インストールをしないので、リアルタイムやスケジュールを決めて稼働させることはできません。ですから、これをメインのアンチウイルスソフトとして使うのはやめた方がいいでしょう。しかし、メインのアンチウイルスソフトが機能していないような気がしたり、ダブルチェックをしたい場合は、これを使うといいです。

【ダウンロード】eScan Anti-Virus Toolkit(Windows版)


Trend Micro HouseCall (Windows, Mac)



もう1つのオンデマンドのアンチウイルスソフト「HouseCall」は、素早くダウンロードと起動ができます。スケジュール機能もリアルタイム保護もありませんが、パソコンがウィルスに感染したと思ったら、これでチェックするといいです。

Trend Microは、アンチランサムウェア(押し売りウィルス)、ブラウザガード、ルートキットバスターなど、無料のアンチウイルスソフトをたくさん出しているので、それも気になっている人がいるかもしれません。

【ダウンロード】HouseCall(Windows版)
【ダウンロード】HouseCall(Mac版)


Malwarebytes Anti-Malware (Windows, Mac)


Malwarebytesは、ここ数年でかなり優秀だという評価を得てきました。この「Anti-Malware」も例外ではありません。アドウェアを排除することに特化しており、ファイルサイズが小さく、軽くて速いのが特徴です。

アップグレードをしないと手動のスキャン機能しか使えないので、リアルタイム保護はできません。しかし、それでも素晴らしいソフトです。

【ダウンロード】Malwarebytes(Windows版)
(注:無料のトライアル版は、14日間のトライアル期間が終わると基本機能しか使えなくなります)
【ダウンロード】Malwarebytes(Mac版)


Panda Free Anti-Virus (Windows)



有料版へのアップグレードを促す画面が何度か出るとは思いますが、それでも「Panda」には強みがあります。例えば、ほとんどの作業をクラウドから実行するので、システムリソースの問題がありません。

クラウドから作業する以外には、Pandaと他のアンチウイルスソフトの違いはほとんどありません。AV-Testでは、十分にウィルスから保護していることが証明されましたが、特に目を見張るような結果ではありません。しかし、ユーザビリティの成績はかなり良いので、面倒なインターフェイスや構造の心配をする必要もありません。

【ダウンロード】Panda(Windows版)


ZoneAlarm Free Anti-Virus (Windows)


これは、無料なのに完全に機能が揃っているアンチウイルスソフトです。アンチウイルスソフトに求めるすべての標準的な機能に加えて、基本的なファイアーウォールも入っています。すでにアンチウイルスソフトを持っていても、これをダウンロードしても間違いなく損はしません。また、基本的な個人情報保護機能もあるので、クレジットファイルに正式な認証のない変更がされたら教えてくれます。

個人情報盗難防止サービス(もしくはクレジットの監視)を使った方が、実際により効果的ですが、別のセキュリティレイヤーを持っておくのは常に良いことです。

【ダウンロード】ZoneAlarm Free(Windows版)


The 10 Best Free Anti-Virus Programs |MakeUseOf

Dann Albright(訳:的野裕子)
Photo by Christoph Scholz/Flickr.