『バイオハザード:ザ・ファイナル』で来日したミラ・ジョヴォヴィッチ

写真拡大

シリーズ最高のオープニング成績で初登場N0.1スタートを切った『バイオハザード:ザ・ファイナル』。シリーズ最終章となるこの映画も含めた全6作品の累計興収が200億円を突破したことがわかった。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』ミラ・ジョヴォヴィッチ インタビュー

1月31日現在の累計興収は204億1224万6600円となっている。詳細は下記のとおり。

■2002年『バイオハザード』23億円
■2004年『バイオハザードII アポカリプス』26億1700万円
■2007年『バイオハザードIII』28億5000万円
■2010年『バイオハザードIV アフターライフ』47億円
■2012年『バイオハザードV:リトリビューション』38億1000万円
■2016年『バイオハザード:ザ・ファイナル』41億3524万6600円(1/31現在)
■シリーズ累計興行収入   204億1224万6600円(1/31現在)

また、全世界における『バイオハザード』シリーズの累計興行収入が10億ドル(約1129.6億円、1ドル=112.96円換算、1/31現在)を突破したことが、ソニー・ピクチャーズ本社より発表された。これにより『バイオハザード』シリーズは、ゲームを原作とした映画シリーズで歴代最高の興収を記録したシリーズになった。