30日、環球網によると、台湾で民進党の蔡英文政権が発足して以降、台湾総統府を訪れる見学者の割合に大きな変化が生じている。写真は台湾総統府。

写真拡大

2017年1月30日、環球網によると、台湾で民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権が発足して以降、台湾総統府を訪れる見学者の割合に大きな変化が生じているという。

台湾で蔡政権が発足したのは昨年5月20日。総統府はリニューアルを経て同年9月18日に再び対外開放された。総統府のまとめによると、新政権発足前に見学者の51.9%を占めていた中国人客は20.3%に縮小し、日本と韓国からの見学者の割合は6.35%から14.69%へと拡大、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドや東南アジアからの見学者が占める割合も以前より上昇したという。

ボランティアの1人は「制服を着た日本の高校生が廊下を往来する光景をたびたび目にする」とコメント。見学者の割合に変化が生じたことについて、総統府側は「見学者の国際化に対応するための措置を引き続き推し進めたい」と説明、韓国語やスペイン語などの語学力を備えたボランティアを導入するなどの策を例として挙げている。(翻訳・編集/野谷)