利用は無料ですよ。

最近はRadikoなどネット経由のラジオ放送が人気ですが、そこに新たなプレーヤーの登場です。博報堂DYメディアパートナーズは、放送が終わったラジオ番組を配信するポッドキャスト形式の視聴アプリ「ラジオクラウド」の提供を開始しました。


ラジオクラウド


このアプリでは、さまざまな放送局の番組や、ラジオクラウドのオリジナルコンテンツを無料で聞くことができます。番組はダウンロードしてオフライン再生したり、バックグラウンド再生が可能。さらに0.5倍/1.5倍/2倍の再生スピード変更や固定秒数スキップ、5分後〜1時間後までのスリープタイマーなど、ラジオを快適に視聴する機能がしっかり搭載されています。

現在視聴可能なのは、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、毎日放送、ラジオ大阪、ラジオ関西、京都放送、ラジオ沖縄、ラジオNIKKEI、TOKYO FM、J-WAVEの11局。ラジオ沖縄とか、ちょっと聞いてみたいですね。ただ、TBSラジオは以前より「TBSラジオクラウド」のサービスを行なっていたため番組数は豊富ですが、それ以外の放送局の番組数はまだまだといったところ。

また面白いのが、広告主がAudienceOneという方式を利用した動画音声広告のターゲティング配信が可能な点。ターゲティング配信/広告とはユーザーの行動や嗜好に合わせた広告表示ですが、これがラジオ配信でどのような形で行われるのかを聞いてみたいものです。

最近は趣味に使う時間の中でテレビやラジオの地位が下がっていると聞きますが、もちろんラジオ局の番組にはラジオでしか作れない空気感があるはず。そんな空気感が、配信されている番組をチラッと聞いたスマホユーザーに届くといいですね。

iOS、Androidの両方で配信中です!

もっと読む:
・ノルウェー、FMラジオ放送停止をついにスタート
・もしアップルがラジオを作ったら、欲しい?

image: 博報堂DYメディアパートナーズ
source: 博報堂DYメディアパートナーズ, App Store, Google Play

(塚本直樹)